×1.4エクステンダー

2014年2月 8日 (土)

大雪の東京

すごい大雪になりましたsnow
7時に都心で22㎝でまだ降ってます。
金曜のうちに、20㎝の大雪という天気予報を出していたのはナイスですね。

D27

 




D28

 





D29

明日は雪かきが大変そうcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

植物園の鳥 ☆2

池のほとりを歩いていたら、脇の木に小さな鳥がとまりました。近づくと逃げそうなので、かなり遠くから撮りました。
あっ、ヤマガラだ! と言っている人がいましたがどうでしょう?

B6




足の間に何かえさを抱えているようでした。

B7




これはシジュウカラですか?  キャッチライトが入ってませんweep

B8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

植物園の鳥

一通り梅を撮って休んでいると、鳥が目にとまりました。
名前が分かる方は教えてくださいm(__)m


大幅なミングです(笑)

B1





B2





B3




うーん、枝が邪魔です(汗)

B5





B4

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

白レンズの魅力

試合の観戦はちょっとお休みして、もう一つ気になるカメラマンの機材を取材ですcamera


こうしてみると、キヤノンのサンニッパ、ヨンニッパ、70-200Lが多いです。
7割くらいが白レンズの雰囲気ですね。
D3の登場で一時ニコンも増えていたようでしたが、どういうわけかキヤノンが盛り返した感じです。

51






白レンズを持った女性カメラマンが気になりましたheart04
これはサンニッパでしょうか。コートサイドから撮ったらどんなショットになるのかなと思います。
プレーというより、選手の表情をとらえるんでしょうね。

50

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

瞬間をとらえる その2

ラケットにボールがくっついた2枚。
上は単写、2枚目は連写で撮ったものです。多分にまぐれですcoldsweats01

観客席から撮ると背景の整理がなかなかできません。
今度はベースライン方向から狙ってみようかな… でも、試合はサイドライン方向から見た方が面白いので困ったbearing
 
36






38




これだけ速い打球ですので、最近はカメラを使った判定も採用されてます。

39




こちらのケース、ボールの落下点とラインの距離はミリ単位でした。
このきわどさですから、肉眼では無理ですよねcoldsweats02

41




ウォズニアッキが審判に長い抗議をしてました。
日本の観客はこういうときおとなしいです。しんとしてました。
私はこのシ-ンを見ながら、1999年の全仏決勝でヒンギスが長い抗議をして観客から大ブーイングを受けグラフに逆転負けし、その後一度もグランドスラムに勝てなかったことを思い出していました。

42

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

瞬間をとらえる 東レPPO決勝

球技の撮影ではボールを画面に入れるのが鉄則なのですが、これがなかなか難しいです。
テニスの場合、サーブは選手のタイミングに慣れると単写も可能ですが、ショットの方はもっと難しいです。
初めのうちはショットを単写で写そうとしていたのですが、途中からあきらめて連写に切り替えました。

ウォズニアッキのフォアtennis

32



8コマ/秒の連写でもボールが写っているのはこの1コマだけですので、単写でボールを入れるのはとても難しいです。

33





34




35




デメンティエワのフォア

28





29




珍しく2コマにボールが入りました。緩いボールだったんだと思います。

30





31


全てノートリミングですgood

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

ウォズニアッキ 東レPPO決勝

世界ランク2位のウォズニアッキを見るのは初めてです。

13_2





14_2





15_2






16_2





17_2

トスで目いっぱい体を反らせています。体が柔らかいですね。
28歳のディメンティエワが剛、20歳のウォズニアッキが柔という感じでした。



24

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

デメンティエワ 東レPPO決勝

久しぶりにテニスを見に行きました。7Dの連写を試すのも楽しみです。

今年の東レPPO決勝は世界ランク10位のデメンティエワ対世界ランク2位のウォズニアッキという豪華な顔ぶれ。左がデメンティエワ、右がウォズニアッキです。(真中はコイントスをした小学生チャンピョン)

1




手足が長くかっこいいですheart04

2




3





4

(高速連写、レンズは70-200F2.8LIS2に×1.4エクステンダー)




重心の低いバックストローク、素晴らしいです。

8






9





10_2

細く見える手足も良く見ると筋肉がすごいですねsweat01



第1セットのデメンティエワは、フォア、バックともショットが良く伸びて圧倒的でした。

12

| | コメント (8) | トラックバック (0)