« 唐松岳へ | トップページ | 登山用の機材 »

2006年8月 7日 (月)

五竜岳の大パノラマ

いよいよ目的の五竜岳を目指します。昨夜は混雑した山小屋でよく眠れなかったのですが、山頂を目の前にしてそんなことは言っていられません。朝4時に起きて4時半に出発です。少し歩くと東の空が赤くなってきました。何年ぶりかのきれいなご来光を見ることができました。

険しい岩場を登って山頂に着くと、北は白馬岳から南は槍ヶ岳までの大パノラマが待っていました。すぐ近くには鹿島槍ヶ岳の双耳峰が手招きをしていますが、「山は逃げない」ということで、次回のお楽しみにしました。

今回は登りを八方尾根、下りを遠見尾根にとったのですが、変化に富んだ展望を楽しめるコースでお勧めです。北アルプス初体験の家内にも大満足の山行となりました(ちょっときつかったようですが)。

0807

朝焼けの白馬@38mm

0807_1

五竜岳のモルゲンロート@17mm(人影は私です)

0807_2

ご来光@85mm

0807_5

五竜岳山頂からのパノラマ

0807_4

鹿島槍@35mm

0807_6

鹿島槍北壁@33mm

|

« 唐松岳へ | トップページ | 登山用の機材 »

目指せ100名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

本当に素晴らしい写真ですね。
苦労して山に登った後の爽快感はえもいわれぬものがあるそうですが、登山らしい登山の経験のない私にはわからない感覚です。
ご来光や抜けるような青空は登った人にしか得られない勲章なんでしょうね。
私にはとても経験できないことなんでしょうね。

投稿: まつきんサンバ | 2006年8月 8日 (火) 00時47分

まつきんサンバさん、こんばんはです。

お褒めいただいてありがとうございます。

登山は登りの暑いときとか、混雑した山小屋に詰め込まれるときとか、正直快適でない部分も多々あるのですが、山頂に立って風に吹かれながら大展望を楽しむ快楽が忘れられずに、何度も行ってしまうんです。

>私にはとても経験できないことなんでしょうね。

まつきんサンバさんの体力はわかりませんが、最近山に行くと中高年登山で大賑わいです。60歳以上の方もたくさんお見かけしましたので、とりあえず健康な方なら誰でもいけると思います。

投稿: torotorotorori | 2006年8月 8日 (火) 20時21分

こんばんは。

私の体力と体格は同年齢のなかでは強い方だと思います。
ただ残念ながら登山にはこれまで縁もなく仕事で海外を飛び回ることにその体力を費やしてきました。
将来は家内とゆっくり旅行などをするんでしょうが山登りにはやっぱり縁がないかもしれません…。(^。^;)

投稿: まつきんサンバ | 2006年8月 9日 (水) 01時20分

私も海外出張が多い職場にいたことがありますが、長距離の出張は体力的に負担ですね。その代わり、海外での珍しい風物の写真を撮る楽しみがあるのではないですか?

投稿: torotorotorori | 2006年8月 9日 (水) 07時25分

こんばんは。

おっしゃる通りです。海外でしか見られない、経験できないものをどんどん写真に収めようと思っています。
でも写真はホントに難しいですね。大好きですけど…。(^。^;)

投稿: まつきんサンバ | 2006年8月 9日 (水) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184454/11326552

この記事へのトラックバック一覧です: 五竜岳の大パノラマ:

« 唐松岳へ | トップページ | 登山用の機材 »