« 箱根美術館 | トップページ | キヤノンフォトサークル »

2006年12月 1日 (金)

強羅公園へ

箱根美術館で紅葉を楽しんだ後は、お隣の強羅公園へと向かいます。
強羅公園はフランス式の庭園なんだそうです。
こちらの入場料は500円だったと思います。

写真は、一番最後の一枚を除いてRAW→DPP現像です。
最後にシルキーピックスとの違いを載せておきました。

12010

箱根美術館

12011
箱根美術館の庭園にある茶室です。

12012
PLフィルターを使って、紅葉の反射を除きました。

12014
強羅公園

12016

12015
DPPピクチャースタイル紅葉(その他はデフォールト)

12015_1
シルキーピックス +0.2EV、WB快晴、記憶色1、ナチュラルファイン、トーンカーブ

|

« 箱根美術館 | トップページ | キヤノンフォトサークル »

コメント

こんにちは。
紅葉がちょうど見頃でよかったですね。
茶室の写真の紅葉がいいですね。
DPPとシルキーの比較だと、
今回のはDPPはコントラストが強いのでココまで晴れているとシルキーの方が好みです。

投稿: 100-400IS | 2006年12月 1日 (金) 23時58分

こんばんは。

日本の紅葉はホントに素晴らしいですね。
目の覚めるような鮮やかな赤が刺激的です。
3枚目のPL効果が素晴らしいと思います。PLにこういう効果もあるんですね。

投稿: まつきんサンバ | 2006年12月 2日 (土) 00時03分

こんばんは。
箱根って紅葉が綺麗なところなんですね。
有名な所ですが、どういう所かは知りませんでした。
もみじが真っ赤ですものね。綺麗です。
フランス式庭園なんですか。紅葉見ちゃうと日本って感じがしますね。
最後の写真はシルキーピックスの方が綺麗にかんじます。

投稿: NIMITZ | 2006年12月 2日 (土) 00時22分

100-400ISさん

ありがとうございます。
今回はインターネットを見ながら見頃のところを狙っていったので、ばっちりでした。
茶室の写真は実はガラス越しなんです。美術館の2Fから撮りました。
シルキーピックスはとにかくパラメーターが多いので、いろんな結果が出せそうです。

投稿: torotorotorori | 2006年12月 2日 (土) 21時30分

まつきんサンバさん

紅葉というのは結構反射します。反射すると白っぽくなりますんで、PLフィルターを使うとすっきりとした赤を出すことができます。
これは、なんかの本で読みました。

投稿: torotorotorori | 2006年12月 2日 (土) 21時33分

NIMITZさん

箱根というのは東京から近いのですが、湖、湿原、ススキ原、庭園、温泉、富士山の眺望などいろんな楽しみがあります。古くから人気があるのもわかりますね。
最後のは、たしかにDPPの方は赤がきついですね。実際どのように見えていたかはもう忘れてしまいました(^^ゞ

投稿: torotorotorori | 2006年12月 2日 (土) 21時37分

いい赤ですね。天気も最高だし。
ふむふむ、紅葉撮りにもPLは有効なんですね。
今度行くときは使ってみます。って今季中に行くかな?

PL持ってるんですけど実際使いこなせてないんですよね(;^_^A
ちなみに曇りの時ってどうなんでしょう?
反射を抑えるって意味では無くてもいいのかな?

投稿: paposuke | 2006年12月 3日 (日) 01時11分

paposukeさん

お天気がよくて、気分良く撮影ができました。
葉っぱはかなり太陽光を反射するので、白っぽくしたくないときはPLフィルターが有効です。
曇りでも反射を消すのには有効です。葉っぱとか、水面とか、ガラスとか…

投稿: torotorotorori | 2006年12月 3日 (日) 08時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強羅公園へ:

« 箱根美術館 | トップページ | キヤノンフォトサークル »