« 里子~その1 | トップページ | 里子~その3 »

2007年2月28日 (水)

里子~その2

里子の第2弾は、ミノルタのベクティスS1。APS機です。

APS機というと、今ではデジタル一眼レフの撮影素子のサイズかと思われてしまいますが、1990年代中ごろに開発された35mmフルサイズより小さなフィルムを使うシステム(Advanced Photo System)のことです。ミノルタα7xiの大きさに閉口して、小さな一眼レフと思って購入したのがベクティスS1でした。

当時キヤノンからもAPSの一眼レフが出ていたのですが、そちらはレンズが35mmフルサイズと共用だったため全体として大きめだったことと、ベクティス S1は防滴構造のため登山用に便利だったことが決め手になりました。さらに、α7000を生み出したミノルタの技術力に信頼感を抱いていたことも大きかったです。思えば当時はミノルタファンでした‥(遠い眼)

APSシステムは、普通のフィルムと違って撮影データを記録することができたのですが、まもなく始まったデジタルカメラの急発展に押されて短命に終わりました。Wikipediaの本機の紹介は、

「α シリーズとは互換性のない「ミノルタVマウント」を使用し、レンズ内モーターによるAFを採用。ボディもレンズも防滴構造で、マクロやレフレックスレンズを揃えるなど、意欲的なシステム一眼レフとして完成されていたが、αとの互換性の無さやデジタルカメラの登場によりAPS自体が衰退し売れ行きは伸び悩んだ。」

ということです。

買い取り価格は、2200円でした  >+○ バタッ

02281_2

02282_1 

|

« 里子~その1 | トップページ | 里子~その3 »

コメント

いろいろお持ちなんですね(^^)
私もレンズやカメラ調達のためにだいぶん里子に
出しました(^_^;
さてさてもう売るものがなくなってきた我が家・・・
torotorotororiさんのところは、まだまだありそうですね(笑)

ところでプロフィールのスキーの写真、格好いいですね(^^)
綺麗なフォームでさすがです。

投稿: せんこ~ | 2007年2月28日 (水) 22時07分

せんこ~さん

ずいぶん前に買ったカメラばかりです。
このカメラも、デジカメを買ってからはまったく使わなくなってしまいました。

>まだまだありそうですね(笑)
鋭いご指摘。次は大物を行きます(笑)

>綺麗なフォームでさすがです。
どうもありがとうございます。スキーは長いことやっているので、格好はついていると思います。

投稿: torotorotorori | 2007年2月28日 (水) 22時39分

2200円ですか。もうちょっと高く買ってくれればいいのに・・・。
APSは当時、画期的なシステムでしたよね。私もIXYを
どなたかにプレゼントした覚えがあります。
私は売りたいものとしては望遠鏡です。
カメラ機材ではD100は思い出があまりに詰まっていて
売る気になれないですがいつかは手放すと思います。

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2007年2月28日 (水) 22時40分

こんにちは。
そういえば、APSのフイルムカメラありましたね。
このカメラははじめて見ました。
ベクティスS1はレンズ交換が出来るのですね。
下のα+レンズが4400円に対してこっちは2200円ですか。
どっちが高いかは解りませんが、これからAPSカメラを買ってもAPSフイルムはあるのでしょうかね?それともコレクターさんが買うのかな?

投稿: 100-400IS | 2007年2月28日 (水) 23時10分

おはようございます。
APSはどのくらい普及したんでしょうか?
日本にいる時間が短い私には、APSの情報は一瞬しかなかったような気がします。
もちろんAPSカメラもフィルムも見たことがありません。(^。^;)ゞ

投稿: まつきんサンバ | 2007年3月 1日 (木) 07時47分

当時のAPSカメラのフィーバーは記憶に新しいです。
35mmフィルムを使っているのなんてふるい!
ってな勢いでAPSをすすめられた記憶があります。

実は当時、私はカメラに興味がなかったんです。
興味があれば買ったと思います。

自分が信じて購入したカメラを後世で
不評だったとか評じられるのはショックですよねー。

投稿: はりまお | 2007年3月 1日 (木) 08時42分

こんにちは。
APSですか~。私もこれからの時代はこれだ!と思い買いました。
Canon IXY 320を。今のIXY DIGITALの原型です。
買って2年もするとデジタル時代に。ホント短命に終わりました。
今でも新品同様でしまってあります。(;><)
あの頃はこんな急速にデジタル化が進むとは思っていませんでしたよね。消費者もメーカーも。

投稿: NIMITZ | 2007年3月 1日 (木) 13時53分

一緒に夜空眺めようさん

まぁ、もう5年くらい1枚も写していないカメラなので、仕方ないかなと‥
当時は結構各社からAPSカメラが発売されたような気がします。
キヤノンのAPS一眼レフはなかなかスタイリッシュで、ちょっと気になりました。

投稿: torotorotorori | 2007年3月 1日 (木) 20時09分

100-400ISさん

このカメラは、超望遠からマクロまでそろったシステム一眼レフだったんです。専用マウントにしたため、レンズはとてもコンパクトでした。その点では、現在のAPS-C一眼レフよりも割り切ったモデルでした。

ベクティスS1、ヤフオクで1万円で出品されていましたが、誰も入札してませんでした。2200円でも仕方ないかもです。

投稿: torotorotorori | 2007年3月 1日 (木) 20時12分

まつきんサンバさん

このカメラは正味3年くらい使いましたか。その間に4-50本は撮ったと思います。
APSはカートリッジで保存するので、整理しやすかったです。
35mmフィルムのパトローネよりちょっと小さなカートリッジです。

投稿: torotorotorori | 2007年3月 1日 (木) 20時15分

はりまおさん

なにしろ、アドバンスド・フォト・システムですから、進んだシステムだったはずなのですが‥
これほど急激なデジタル化の進行は、誰も予測できなかったんでしょうね。ソニーからマビカという初代のデジカメが出たときには、自分とは関係ないと思ってました。

投稿: torotorotorori | 2007年3月 1日 (木) 20時17分

NIMITZさん

NIMITZさんは、APSカメラを保存されているんですね。
私は使わないと決まると処分してしまいたい方です。もっと古いカメラで、今もっていれば値打ちが出たかもしれないものもあったのですが、とっくの昔に下取りに出してしまいました。

投稿: torotorotorori | 2007年3月 1日 (木) 20時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里子~その2:

« 里子~その1 | トップページ | 里子~その3 »