« 猫岳山スキー~その1 | トップページ | 猫岳山スキー~その3 »

2007年3月20日 (火)

猫岳山スキー~その2

猫岳山頂までの登りは6時間弱。
一歩一歩登っていく喜びは登山でしか味わえないものです。
先頭は雪をかき分けていかなくてはいけないので、2番手以下よりも体力を消耗します。
息子に先頭をやらせようとしたら「ムリ」と断られてしまいました。
まだまだ鍛えてやらなければいけないようです。これが父親の務めですかね(^^ゞ

0320

樹林帯の登り

0320_1
ミニ樹氷

0320_2
雲湧く山頂

0320_3
隣の山に登っていく山スキーヤー

0320_4
山頂間近

0320_5
「シュカブラ」と言って、風が作り出した芸術です。

|

« 猫岳山スキー~その1 | トップページ | 猫岳山スキー~その3 »

Power Shot G7」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
6時間弱も新雪をかき分けてスキーで登るのですかぁ。
これが本当のスキーヤーなんですね。
それにしても体力がありますね。
旭川の陸上自衛隊員も山スキーをやらされています。
もちろん九州の人間もいますので大変みたいです。
スキーも板に靴を入れる輪のついた簡素なものでした。
深い雪の中で戦闘をやるには、スキーが必需品のようです。

投稿: NIMITZ | 2007年3月20日 (火) 21時48分

こんばんは。
雪山を登山ですか。登った後の滑走は格別でしょうね!
しかし、6時間も雪の中を登山とは凄いですね。
おもいっきりスリムになりそうです。^^

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2007年3月20日 (火) 22時08分

こんにちは。
6時間もスキー登山ですか、凄いですね。
ミニ樹氷はカワイイですね。
「シュカブラ」って砂漠に風で模様が出来るものの雪バージョンって事ですか。

投稿: 100-400IS | 2007年3月20日 (火) 23時37分

最後のお写真はまるで白い砂漠のようですね。
風が作り出したって事は同じ原理ですよね?
それだけ雪質がサラサラってことですか?凄いですね!

投稿: paposuke | 2007年3月21日 (水) 02時20分

6時間( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!tこれはきついですね~
いつもお写真を拝見してどうやって登ってるのかと
思ってましたが、やはり登山でしたか・・・
私もスキーやったことあるのでよくわかりますが
ここを登っていくなんてすごいです。

でも、3、4枚目なんてその甲斐あって
一般のゲレンデではとれない風景ですね。

投稿: せんこ~ | 2007年3月21日 (水) 08時39分

NIMITZさん

北国の部隊はスキー訓練をやるみたいですね。
私も一度青森のスキー場で見たことがあります。
登山はすごい瞬発力は要らなくて、じわじわとした持久力があれば大丈夫です。

投稿: torotorotorori | 2007年3月21日 (水) 09時17分

一緒に夜空眺めようさん

一日雪山登山をすると、2kgくらい軽くなりますよ。
下りてから水分を補給するとまた元に戻っちゃいますけど(笑)
自分の足で稼いだ斜面を滑るのは気持ちがいいです!

投稿: torotorotorori | 2007年3月21日 (水) 09時19分

100-400ISさん

この山の樹氷は、蔵王の樹氷と比べると子供のようなものでした。
シュカブラは、風紋ということもありまして、おっしゃるように砂漠と同じ原理でできるものだと思います。

投稿: torotorotorori | 2007年3月21日 (水) 09時21分

paposukeさん

風が作り出した風紋ですので、砂漠と同じ理屈だと思います。
雪山では、森林限界を超えて、風が強いところに良くできます。

投稿: torotorotorori | 2007年3月21日 (水) 09時22分

せんこ~さん

6時間といっても、一歩一歩登っていくといつの間にか着いてしまいます。
特にこの日のように展望がよいと時間の経つのを忘れます。
スキーの裏にシールというものをつけると、斜面をまっすぐに登っていくことができて楽です。といってもそこそこの体力は要りますが。

スキー場は山の下のほうに作るので、山の上の方の景色は自然がいっぱいで、また格別のものがありますね。

投稿: torotorotorori | 2007年3月21日 (水) 09時25分

息子さんと一緒の登山なんて素敵ですねー。
しかも!!こんなに素晴らしい青空の下なんて、
もう最高ですよねー。
G7の発色は素晴らしいようですね。

私もこんな親子を夢見て頑張ります。

投稿: はりまお | 2007年3月22日 (木) 11時03分

はりまおさん

息子が登山の遊び相手になるまでずいぶんかかりました。小さい頃からスキーに連れて行ったのですが、山はまた別ですので。

登山は親子の絆が強まる機会でもあるようです。親子で共通の趣味を持てると楽しいですね。

投稿: torotorotorori | 2007年3月22日 (木) 19時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫岳山スキー~その2:

« 猫岳山スキー~その1 | トップページ | 猫岳山スキー~その3 »