« 世界遺産~東大寺 | トップページ | APS-Cの標準ズームを考える »

2007年6月28日 (木)

世界遺産~春日大社

東大寺大仏殿からお水取りで有名な二月堂を経て、春日大社へと向かいます。
平城京の守護のために創建された春日大社には、たくさんの石灯籠や釣灯篭があり、シックなモノクロームの世界を形作っていました。

石灯籠や釣灯篭の多くは庶民の寄進によるものだそうです。

Img_7375
二月堂(国宝)

Img_7388
春日大社へと続く参道

Img_7390
石灯籠

Img_7397
釣灯篭

|

« 世界遺産~東大寺 | トップページ | APS-Cの標準ズームを考える »

コメント

こんにちは。
石灯籠や釣灯篭の並んだところは奥行きがでて良いですね。
こちらは東大寺と違って空いていますね。
モノクロの雰囲気がいいです。

投稿: 100-400IS | 2007年6月28日 (木) 23時04分

こんばんは。
遠近感や奥行きを感じるお写真、凄く好きです。
撮られる前からの意図を感じます。
出来上がりを予想して撮られたのは素晴らしいですね!

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2007年6月29日 (金) 02時24分

おはようございます。
モノクロの世界、いいですね。
昭和時代のお写真かと思いました。(^^;)
とってもいい構図ですね。

投稿: まつきんサンバ | 2007年6月29日 (金) 09時07分

こんにちは。
春日大社という名前はよく聞きますが、拝見したのは初めてだと思います。
モノクロの写真が雰囲気があっていいですね。
平城京の守護ですか。710年以降のものなんですね。古いですね。
庶民が灯篭を寄進するだけの余裕があったんですね。
それだけ神社仏閣は大事にされていたということなんでしょうね。

投稿: NIMITZ | 2007年6月29日 (金) 12時52分

100-400ISさん

東大寺はやはりダントツの人出でした。
奈良公園は広いので、少しくらいの人ではポツポツという感じです。
モノクロ、はじめてやってみました。
もう少しいじりたい感じです。

投稿: torotorotorori | 2007年6月30日 (土) 18時51分

一緒に夜空眺めようさん

そこまでお褒めいただくと面映いです。
おっしゃるように、こんな感じの絵になるだろうなーと思って撮りました。
モノクロの方が雰囲気が出そうだったので、初めてのモノクロチャレンジです。

投稿: torotorotorori | 2007年6月30日 (土) 18時53分

まつきんサンバさん

他の方のブログで、モノクロ写真を時々見かけます。
なかなかいい雰囲気なので、いつかはチャレンジしてみたいと思っていました。
昔はみんなモノクロだったんですもんね、って年が知れてしまいますが^^;

投稿: torotorotorori | 2007年6月30日 (土) 18時54分

NIMITZさん

昔の人は信心深かったんでしょうね。
今の日本人はほとんど宗教は無縁ですが、これは世界的にも珍しいです。
春日大社の社殿は最近の再建で、赤い柱とかがけばけばしいので、モノクロにしちゃいました。

投稿: torotorotorori | 2007年6月30日 (土) 18時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産~春日大社:

« 世界遺産~東大寺 | トップページ | APS-Cの標準ズームを考える »