« 仙台七夕 | トップページ | 残暑お見舞い »

2007年8月15日 (水)

仙台七夕~Part2

仙台七夕の模様が続きます。
後半はEF-S10-22に付け替えて、超広角を中心に迫ってみました。

Img_7666

いろんなお願いが書かれています。

Img_7677

浴衣姿が目立ちました。

Img_7681

ノーモアヒロシマ・ナガサキ

Img_7706

ベガルタというのは仙台のサッカーチームです。

Img_7710

若者も参加

Img_7712

この通りでは、長い竹を斜めに立てて飾りをつるしていました。このほうが雰囲気がありますね。銀賞を取った飾りです。

Img_7714


 

|

« 仙台七夕 | トップページ | 残暑お見舞い »

コメント

こんばんは。
お久しぶりです。
おお! 大きな獲物が掛かっていますね。
竹竿1本で支えられるとは見た目は重そうに感じますが
意外に軽い飾りなんですね!
超広角レンズが大活躍ですね☆

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2007年8月15日 (水) 20時19分

こんにちは。
こういう場所ではEFs10-22mmが活躍しますね。
上から吊るしているより竹で吊っている方が風情がありますね。
仙台だと野球チームもありますが、サッカーの方が人気なんでしょうか。

投稿: 100-400IS | 2007年8月15日 (水) 23時36分

一緒に夜空眺めようさん

そう言われてみると、ホントに大漁ですね。
重さはどのくらいなんでしょう。
材料は紙が中心みたいなので軽そうです。

投稿: torotorotorori | 2007年8月16日 (木) 07時05分

100-400ISさん

竹でつる方が風情があっていいですね。
超広角でぐっと寄るのは楽しいです。
楽天とベガルタどっちが人気なんでしょう?
ベガルタはJ2なので、楽天じゃないでしょうか。

投稿: torotorotorori | 2007年8月16日 (木) 07時07分

こんにちは。
このぶら下がっている飾り(七夕飾り)に願い事をつけるんですね。
子供の時に竹に短冊つけましたが、それの大型版ですね。
仙台だけ、どうして七夕が発展したのでしょうね。
全国的にある物なのに・・・。
伊達政宗公が短冊に「天下を取る」とでも書いたのでしょうか。
北海道にいると東北地方ってとばしてしまうんですよね。
北海道の下に関東があるような感覚です。
ですのでこれらの写真は新鮮です。

投稿: NIMITZ | 2007年8月16日 (木) 07時30分

おはようございます。
派手な下がりは意外とモダンな柄なんですね。
浴衣姿は後姿のものだけなんでしょうか?_(^^;)ゞ

投稿: まつきんサンバ | 2007年8月16日 (木) 08時53分

NIMITZさん

七夕には確かお願いを短冊に書いてつるすんじゃなかったでしたっけ。

Wikipediaで仙台七夕を検索すると、伊達政宗公の時代に始まったものだそうです。
→「江戸時代初期、仙台藩祖・伊達政宗が、婦女に対する文化向上の目的で七夕を奨励したため、当地で盛んな年中行事の1つになったともされるが、詳細は不明のままである。」

北海道の下は関東ですか。うぇーん、東北がかわいそう(笑)

投稿: torotorotorori | 2007年8月16日 (木) 16時34分

まつきんサンバさん

飾りの柄はさまざまです。
これといった決まりはないんでしょうね。
ただ、形はどれも似たり寄ったりでした。

えーっと、ゆかた娘を正面から狙う度胸は無かったです(笑)

投稿: torotorotorori | 2007年8月16日 (木) 16時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台七夕~Part2:

« 仙台七夕 | トップページ | 残暑お見舞い »