« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

蔵王の急斜面

山形蔵王は緩斜面が多く、急な斜面は少ないです。
その中で、チャレンジングな斜面といえば、
第一が「横倉の壁」 最大傾斜38度だそうです(ホントかな?)
二番目が「国体コース」だと思います。

どちらも雪の少ない年は石が出て滑れませんが、今年はとても状態がよかったです。

Img_1222

横倉の壁を上から見たところ。下の方に人が点々とみえますcoldsweats02


Img_1224



Img_1226

まともに滑ってくる人は少ないです。
特にボードには難しいですね。


Img_1229

今度は国体コース。
斜度はたぶん30度くらいですが、こちらも突撃する人は少ないです。


Img_1231

上から見るとこんな感じに。
転ばずに滑れるとガッツポーズですshine

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

蔵王を滑る

蔵王ではスキーとスノボの割合は6:4くらいだと思います。
コースの中に長い緩斜面や登りがあるので、スノボだと思わぬ苦戦をします。

Img_1182

ボーダーが新雪に頭から突っ込みました。若いっていいですねscissors
雪が深すぎて、滑りにはならなかったようです。


Img_1208



Img_1209



Img_1218

観光ポスターのような写真が撮れました(^_^)


Img_1213

パラダイスゲレンデの気持ちいい斜面happy01


Img_1227

蔵王で一番好きな場所はここです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

樹氷~氷の造形

蔵王の樹氷は見事です。
日本海から吹き付ける冬の季節風がもたらす水蒸気。
樹氷はこれがアオモリトドマツの木に付着して凍りついたものですが、様々な形になって魅了します。
自然の力は素晴らしいです。

Resize0051


Resize0052


Resize0053_2

樹氷は、ガスや吹雪の日に見ると不気味ですが、晴れた日は青空に映えて美しい姿になります。


Resize0049

樹氷を見に行く人たちの列が出来ました。


Resize0050

私も山頂まで登りました。
ちょっと汗をかきました ふぅ~sweat01

Resize0048

お地蔵様は前回よりさらに埋まっていました。


Resize0047

待望の滑降ですhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

銀色のシーズン~樹氷が見ごろ

いよいよ樹氷が見ごろになりました。
ブラッセル街歩きを中断して、旬の写真をお届けします。

この時期に蔵王が晴天に恵まれることは少ないので、撮影のチャンスは貴重です。朝一のリフトで頂上へ。

Resize0046

すっきりとした晴天になりました。


Resize0045

朝のユートピアゲレンデ。樹氷の下限です。


Resize0044

晴れた日は展望が最高のゴンドラ。

Resize0043

一面の樹氷原。


Resize0042

樹氷原コースへ向かう人たち。


Resize0040

群像のようにも見えます。

まさに「銀色のシーズン」です。映画「銀色のシーズン」を見ましたが、スキーファンには最高でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

王立美術館

ブラッセルの王立美術館は、大きく古典美術部門と近代美術部門の2棟に分かれていて、2つは内部で連絡しています。
宗教画やブリューゲル、ルーベンスなどの作品がたくさん飾られていて、絵画の好きな人なら1日いてもあきないでしょう。

Resize0039

王宮の前を通って美術館へ。

Resize0038

奥に見えるのは最高裁判所。トラムの後に美術館が見えてきました。

Resize0037

ルーベンスのバナーが下がっていますが、特別展は終了していましたorz

Resize0033_2

2階が古典美術部門。近代美術は別棟になります。
ストロボを発光させなければ撮影OKです。

Resize0036_2

大勢の学生が絵の勉強をしていました。


Resize0035


こんな小さい頃から一流の絵を見られたらいいですねcarouselpony


突然ですが連載を中断して、次回は見ごろの樹氷をお届けします。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

イロサクレの小道

グランプラスを北に抜けると、イロサクレ地区に来ます。
ここは、細い路地に小さなレストランが軒を並べてちょっと猥雑な感じもする庶民的な雰囲気のところです。
客引きも盛んですが、ぼられる店もあるそうなので要注意です。

イロサクレ地区では、地元の人たちが自主的に都市計画を行って古い町並みを守っているところだそうです(詳しくはこちら

Resize0026


Resize0027


Resize0028


Resize0029

一つ一つのお店の間口は狭いです。
路上に看板やテーブルが張り出しています。


小道からさらに横に入った路地の奥には‥
とても品がないので上品な人は見ないでくださいねsmile

続きを読む "イロサクレの小道"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

グランプラスの夜

ビクトル・ユーゴーが世界で一番美しい広場と絶賛したというグランプラス。
夜はライトアップされた建物がまばゆいばかりの美しさです。

全てISを利用した手持ち撮影です。

Resize0023


Resize0022


Resize0018

Resize0024


Resize0020

ブラバン公爵の館の地下にあるレストラン「ケルデルク」

Resize0021

穴倉のような室内

Resize0017

ムール貝を頼んだら山盛りで来ましたhappy01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

夕暮れのグランプラス

グランプラスを歩いているうちに、雲間から夕日が差してきました。
建物の表面に施された金箔がきらめいて、とても美しい光景でした。

Resize0010

ブラバン公爵の館に施された装飾。

Resize0011


Resize0012

写真の印象は光線状態でずいぶん変わりますね。やっぱり斜光は魅力です。

Resize0013

市庁舎の尖塔です。

Resize0014


Resize0016

とても凝った装飾ですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ブラッセルを歩く

ベルギーの首都ブラッセルは人口100万ほどの中規模の都市ですが、古い歴史を反映したなかなか魅力的な街です。
40DにEF-S17-85をつけて歩いてみました。
これから長期連載になると思います‥たぶん。

まずは、ブラッセルを訪れる人が必ず足を運ぶグランプラス(Grand Place)です。
110m×70mの大きな石畳のスペースをゴシック風(?)の建物が囲む、とても美しい広場です。

Resize0004

もとは、いろいろな商売をする組合の建物だったそうです。
右端は日本でも有名なチョコレート屋さんのGODIVA。

Resize0005

ブラバン公爵の館。半地下のレストランがいいです。

Resize0006

市庁舎。15世紀の建築とか。

Resize0007

王の家。今は博物館になっています。

Resize0003

広場の南には大勢の観光客が集結していました。

お目当てはこちら↓

続きを読む "ブラッセルを歩く"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

樹氷のあとは‥

蔵王山頂まで登ったら、すっかりガスの中でした。
残念ですが、きれいな樹氷の写真はお預けになりました(/_;)
少し下ると晴れているのですが、山の天気は複雑です。

Img_1082

山頂直下の樹氷原

Img_1085

これはまだ未完成でした。


Img_1089

少し下ると晴れていました。
ここが山形蔵王で一番気持ちのいい斜面です。


Img_1090

どら息子1号が行く

すべりの後は↓

続きを読む "樹氷のあとは‥"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »