« 火打山を滑る | トップページ | 火打山を滑る その3 »

2008年5月13日 (火)

火打山を滑る その2

まずは山頂から1本。

Img_1472

気持ちのいい斜面に大きな弧を描きました。


Img_1475

翌朝は気温が下がって冬の雰囲気。


Img_1478

右手に下りていきます。


Img_1480

最高のひと時lovely


Img_1481

迫力のあるルートです。

|

« 火打山を滑る | トップページ | 火打山を滑る その3 »

Power Shot G7」カテゴリの記事

目指せ100名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いつもながら素晴らしい景色ですね。
ほとんど人が写ってないところをみると、ここまで上がってこられるスキーヤーが少ないと言うことなんでしょうね。
Powershot G7、素晴らしい写りですね。

投稿: まつきんサンバ | 2008年5月14日 (水) 00時08分

こんばんは。
本当に山がお好きなんですね。
この時期にスキーができるなんて羨ましいです。
私は一緒にする相手がいないです。
お写真も素敵です!

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2008年5月14日 (水) 00時24分

こんばんは。
GWでも豊富な残雪、標高が北アルプスほど高くなくても頸城はスキー天国だということがよくわかります。
写真を見ていると、なんだか身体がむずむずしてきました。
Powershotのハイエンドの機種だと、軽くてもここまで鮮やかな写真が撮れるのですね。

投稿: hatayasan | 2008年5月14日 (水) 01時15分

転げ落ちたら大変そう^_^;
でも、こんなところを滑る人が
転げるようなヘマはしませんかね(笑)
上級者は、すごい。

私は、びびって絶対に無理です(^^)

投稿: せんこ~ | 2008年5月14日 (水) 12時20分

こんにちは。
滑れる人には気持ちよく滑れそうな斜面ですね。
ただ最後の写真を見ていると、
ちょっと危なさそうな場所ですね。 (^^ゞ

投稿: 100-400IS | 2008年5月14日 (水) 23時01分

まつきんサンバさん

この日に登ったのは10人くらいじゃないでしょうか。
前の日はもっと多かったです。
私たちの行ったコースはあまり大勢通るルートではありません。

G7は1000万画素ありますので、A4でしたら40Dとの違いはわかりません。
大きな差が出るのは動体と高感度ですね。

投稿: torotorotorori | 2008年5月15日 (木) 19時10分

一緒に夜空眺めようさん

登山は写真と並んで古い趣味なんです。
もう、ウン十年になりますねdog
山に登るとすがすがしい気分になります。


投稿: torotorotorori | 2008年5月15日 (木) 19時13分

hatayasanさん

2日目は、hatayasanさんが行かれた時ほどの好天ではありませんでしたが、ツアーを楽しむには十分でした。
焼山北面台地はずっと前にいったことがあるのですが、最近は影火打がメインになったようですね。

G7はいいですよ。
A4に伸ばしても、きわめて鮮明です。
ただし、コンデジなのでシャッタータイムラグは大きく、滑りを撮るには不向きです。

投稿: torotorotorori | 2008年5月15日 (木) 19時17分

せんこ~さん

最後の写真はちょっと怖そうに見えますが、実際はなんと言うこともないところですgood
山を滑るようになると、ゲレンデはなかなか満足できなくなってしまいます。
体力が許すうちは、山スキーを楽しみたいですhappy01

投稿: torotorotorori | 2008年5月15日 (木) 19時20分

100-400ISさん

最後の写真はちょっと怖そうですけど、実際は大したことありません。
やや対斜面から写しているので、傾斜がきつめに感じると思います。
次回にご紹介する斜面はちょっと怖かったですよcoldsweats01

投稿: torotorotorori | 2008年5月15日 (木) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184454/41041825

この記事へのトラックバック一覧です: 火打山を滑る その2:

« 火打山を滑る | トップページ | 火打山を滑る その3 »