« 火打山を滑る その2 | トップページ | 塩釜の仲卸市場 »

2008年5月16日 (金)

火打山を滑る その3

いよいよ本番の滑降です。
ガスの晴れ間を狙って飛び込みました。

Img_1483_2



Img_1486_2

かなりの急斜面。転んだら止まらないかもcoldsweats02


Img_1492_2

無事に下りてほっと一息smile


Img_1494_2

うしろには雪崩れの跡が。


Img_1499_2

焼山。


Img_1503_3

滑り降りたルートが良く見えます。
またまた大満足のツアーでしたhappy01

|

« 火打山を滑る その2 | トップページ | 塩釜の仲卸市場 »

Power Shot G7」カテゴリの記事

目指せ100名山」カテゴリの記事

コメント

4枚目、雪崩れの跡が自然の怖さを感じますね・・・
雪崩って実際に目撃されたことはありますか?
見てしまうと怖くて登れなくなってしまいそうですが・・・(^^ゞ

投稿: paposuke | 2008年5月16日 (金) 22時00分

こんばんは。
まるで雪崩に追いかけられているように見えますね。
2枚目も急斜面で止まっての撮影でしょうか。
すごい迫力です。かっこいいですね。(^^)

投稿: まつきんサンバ | 2008年5月16日 (金) 22時59分

こんばんは。
やっと登り終わって滑る番なんですね。
山スキーはかなりスキーが上手ではないと無理ですね。
私なら途中から雪だるまになって転がっているでしょう。(^^)ゞ
春なので雪崩は用心しなければなりませんね。
日本にはいろいろな山がありますので、滑ってみたいのでしょうね。
とても健康的なスポーツですね。

投稿: NIMITZ | 2008年5月17日 (土) 04時04分

paposukeさん

雪崩を目の前で見たのは一度だけです。だいぶ前のことです。
当時はそれほど怖いと思わなかったですが、最近は大きな雪崩が増えている感じです。
これも温暖化と関係あるのかもしれません (*_*;

投稿: torotorotorori | 2008年5月17日 (土) 08時41分

まつきんサンバさん

4枚目は望遠で撮影しているので、雪崩れ斜面との距離が圧縮されています。
2枚目は35度くらいの急斜面でした。
斜面がどのくらいの感じか、記録のために撮ってみました。
いいシーンが撮れたと思います。
コンデジは、狙ったタイミングで写すのは難しいので、偶然の成果ですscissors

投稿: torotorotorori | 2008年5月17日 (土) 08時45分

NIMITZさん

登山は健康にはいいと思いますfoot
それほど強い体力がなくても持久力があれば楽しむことができます。
山スキーも、三浦敬三さん(雄一郎さんのお父さん)は100歳まで続けていましたから、かなりの年齢まで楽しめると思いますよ。
敬三さんは特別な人だとは思いますが(^_^)

投稿: torotorotorori | 2008年5月17日 (土) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184454/41041961

この記事へのトラックバック一覧です: 火打山を滑る その3:

« 火打山を滑る その2 | トップページ | 塩釜の仲卸市場 »