« 鯨を食べる? | トップページ | 松島四大観 »

2008年5月24日 (土)

塩竃神社

塩竃神社は大変由緒のある神社のようです。
海上安全や大漁のほか安産や長寿の神様でもあるそうです。
由緒をたどると、平安時代にさかのぼる長い歴史を持っているそうで、訪れて見たら、とても厳かな感じのする素晴らしいところでした。

Img_2920

難しい字を書きます。私には書けません(^^ゞ


Img_2928

立派なご神木。


Img_2927

声をかけて撮らせていただきました。


Img_2935

お庭も素敵でした。


Img_2941

平安時代にタイムスリップしました。



Img_2942

同じ敷地にある志波彦神社


Img_2948

優美な庭園。

|

« 鯨を食べる? | トップページ | 松島四大観 »

コメント

こんばんわ 私のブログに遊びに来ていただいてありがとうございます(^_^) どうやら近県の方のようですね。私が行ったことのある場所の写真がたくさんあって嬉しくなりましたよ☆ また遊びに来ますね!

投稿: ZZT231改 | 2008年5月24日 (土) 23時50分

手入れの行き届いた綺麗な庭園ですね。
参拝だけでなく撮影目的で行きたくなりそうです(^^ゞ

投稿: paposuke | 2008年5月25日 (日) 01時00分

こんばんは。
藤とツツジが綺麗ですね!
塩竃ってすごく難しい字を書きますね。
私も書けません。覚えられないです。(苦笑)

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2008年5月25日 (日) 01時46分

こんばんは。
こういうところは憧れますね。
平安時代と言えば北海道はオホーツク縄文時代でしょうか。
大和民族はまだ住んでいません。
宮城県にも歴史のある神社があるんですね。
北海道人の私としては、歴史的な建物にはとても興味があります。

投稿: NIMITZ | 2008年5月25日 (日) 01時57分

ZZT231改さん

最近は東北の写真が多いです。
東北は広いですし、自然がいっぱい、温泉もいっぱいで被写体が豊富です。
これからもよろしくお願いします。

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 06時48分

paposukeさん

ここのお庭はなかなか良かったです。
今回は桜の時期を逃してしまったのですが、天然記念物の桜もあるそうです。
次回はぜひ桜の季節に行きたいです。

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 06時50分

一緒に夜空眺めようさん

上品なお庭でした。
曇り空なので発色はもう一つかもしれません。
塩竃は塩の方も難しい字なんですよ。
昔の人は漢字覚えるの大変でしたね

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 06時53分

NIMITZさん

私も行ってみるまで知りませんでした。
すごく由緒のある神社だそうです。
雰囲気も荘厳でした。
国内にもまだまだ知らないところがたくさんです(^_^)

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 06時55分

こんにちは。
平安時代の東北地方ってどんな文化だったんでしょうね。私はほとんど知りませんが、こんな神社があったくらいですから、豊かな文化もあったんでしょうね。
塩竈は確かに難しい字ですね。塩はともかく竈の筆順はかなり最近、台湾人に教えてもらうまで謎でした。確かに台湾は今でも旧字体ですからね。

投稿: まつきんサンバ | 2008年5月25日 (日) 15時21分

まつきんサンバさん

塩竃の隣の多賀城というところに国府があったんだそうです。
そこに、光源氏のモデルといわれる源融が派遣されていたんだそうです
えーっと驚きました。

このあたり、平安時代から東北地方の中心だったんですね。

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 17時24分

こんばんは^^
つつじ・藤、満開ですね!
池にうつり込んで、さらにボリュームが出てますね。
花は撮るタイミングが難しくて・・・早くても遅くてもダメですもんね。
これはまさにグットタイミングですね。

投稿: ラルフ | 2008年5月25日 (日) 20時36分

ラルフさん

コメントありがとうございます。
桜には遅かったのですが、つつじと藤は満開でした。
できれば天然記念物の桜が咲く頃にまた行きたいです。

こんなに素晴らしい神社とは思いませんでした。
歴史を感じるところでした。

投稿: torotorotorori | 2008年5月25日 (日) 21時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩竃神社:

« 鯨を食べる? | トップページ | 松島四大観 »