« フォトセッション | トップページ | フォトセッション☆3 »

2008年6月20日 (金)

フォトセッション☆2

Photo_5

タイトル 「シュプール」

撮影地 妙高火打山

|

« フォトセッション | トップページ | フォトセッション☆3 »

キヤノンフォトサークル」カテゴリの記事

コメント

シュプールの美しい曲線が太陽に照らされて
しっかりと浮かび上がってますね。
その中にポツンと黒い線のようなものが見えますが
人でしょうか?

投稿: paposuke | 2008年6月20日 (金) 22時15分

こんばんは。
雪の世界を銀世界といいますが、まさに銀世界そのもののお写真ですね。
絶妙のアングルと時間を見事に捕らえられましたね。

投稿: まつきんサンバ | 2008年6月20日 (金) 22時35分

こんばんは^^
ご無沙汰しておりました。
黒い点は人ですか?
曲線がとても美しいですね~。

投稿: ラルフ | 2008年6月20日 (金) 22時48分

こんばんは。
私はスキーが下手なので、下の方でチョロチョロしています。
このように新雪にシュプールを描いてみたいですね。
借りに今やったら、まっすぐな線になると思います。直滑降ですね。
雪が銀色に見えて素敵ですね。

投稿: NIMITZ | 2008年6月21日 (土) 01時42分

paposukeさん

>ポツンと黒い線のようなものが見えますが
人でしょうか?

一緒のパーティーのメンバーです。
すごい速さで登っていったのを後ろから眺めていたら、絵になりそうだったので、1枚押さえておきました。
人が入ると、風景のスケールがわかるのでいいんじゃないでしょうか

投稿: torotorotorori | 2008年6月21日 (土) 18時15分

まつきんサンバさん

私たちが登る少し前に別のパーティーがつけたシュプールです
真っ白な斜面よりは、シュプールがついたほうが絵になるのではないかと思います。
雲が取れてちょうどよいタイミングでした。

投稿: torotorotorori | 2008年6月21日 (土) 18時18分

ラルフさん

黒い点は私の友人です。
足が速いので先に行ってしまったのを後ろから眺めていたら、絵になりそうだったので押さえておいた1枚です。
友人は景色に目もくれずに登っていきました^^;

投稿: torotorotorori | 2008年6月21日 (土) 18時20分

NIMITZさん

スキーは直滑降が一番難しいという説もあります。
三浦雄一郎さんのエベレスト直滑降とか‥
今は用具が進歩しているので、スキーは昔より簡単になってますよ。
再チャレンジはどうですか?

投稿: torotorotorori | 2008年6月21日 (土) 18時22分

こんばんは。
すごい! 目の付け所がいいですね!
シュプールとは題名も良いですね!

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2008年6月22日 (日) 00時04分

一緒に夜空眺めようさん

たまたま友人がいい位置にいたので、パチリといった1枚です
登山では、面倒がらずにどれだけカメラを取り出せるかが大事です。
リュックから出したり入れたりするのは、結構疲れるんですよね

投稿: torotorotorori | 2008年6月23日 (月) 20時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォトセッション☆2:

« フォトセッション | トップページ | フォトセッション☆3 »