« 瑞鳳殿/ブログ開設2年 | トップページ | 森を歩く。。。 »

2008年7月24日 (木)

瑞鳳殿 その2

伊達家の二代藩主、三代藩主の墓所も同じ敷地内にあります。

全て戦災で焼けてしまいました


Img_3446

二代藩主の霊屋。


Img_3447



Img_3450

三代藩主の霊屋。


Img_3454

手前に並んでいるのは、殉死した藩士のお墓だそうです

|

« 瑞鳳殿/ブログ開設2年 | トップページ | 森を歩く。。。 »

コメント

こんばんは。
日光東照宮みたいな感じで懐かしさを感じます。
8年前に行きました。 時代的に同じなのでしょうか。

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2008年7月24日 (木) 22時58分

こんにちは。
こちらも戦火で焼けたとはもったいないですね。
当時としてはかなり豪華だったんでしょうね。

投稿: 100-400IS | 2008年7月25日 (金) 00時33分

こんばんは。
仙台藩は初期は財政が豊かだったんですね。
そういえば外様大名であるのに、政宗公は副将軍だったんですよね。
4代目からは財政が厳しくなったのでしょうか。
幕府の権力が強くなり、参勤交代などで財政難になったのでしょうかね。
それにしても立派な建物ですね。

投稿: NIMITZ | 2008年7月25日 (金) 03時14分

一緒に夜空眺めようさん

東照宮は家康のお墓ですよね。
ほとんど同年代になります。
東照宮は山の中だから戦災に会わなかったんでしょう。
こちらも残っていたら、世界遺産になったかも

投稿: torotorotorori | 2008年7月25日 (金) 08時21分

100-400ISさん

オリジナルは素晴らしかったんでしょうねー。
東照宮のように、世界遺産級の価値があったかもしれません。
ここも結構山の中なのに、何で焼けちゃったんでしょう

投稿: torotorotorori | 2008年7月25日 (金) 08時23分

NIMITZさん

NIMITZさんの鋭い分析が正解なのかもしれません。
4代目からは、石碑だけになっちゃうんですよ。
東照宮並みの豪華なものを作っちゃだめと言われたんでしょうか

投稿: torotorotorori | 2008年7月25日 (金) 08時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞鳳殿 その2:

« 瑞鳳殿/ブログ開設2年 | トップページ | 森を歩く。。。 »