« 瑞牆山の紅葉 Part3 | トップページ | 鉄道博物館 »

2008年10月19日 (日)

瑞牆山の紅葉 Part4

お弁当を食べて下山します。

Img_0244

Img_0247

上り下りの登山者が行き交います。

Img_0249

この岩の基部にはクライマーがいました。

 

Img_0250

Img_0251

Img_0252

フリークライムで登れるんでしょうか?

|

« 瑞牆山の紅葉 Part3 | トップページ | 鉄道博物館 »

目指せ100名山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
登山はほとんどしないのですが、昔登ったときは降りるのも辛かったです。
膝が笑うんですよね。止まらなくなってしまいます。(^^)ゞ
ここに登るのも大変そうなのに、ロッククライムですかぁ。
ロッククライマーって一人では来ないのでしょうね。
落ちたらだれも気付きませんからね。(>_<)
富士山の眺めがまたいいですね。

投稿: NIMITZ | 2008年10月19日 (日) 21時29分

こんばんは。
頂上からの眺め↓は本当に素晴らしいですね。
でもこの岩山をよじ登るなんて私には考えすら及びません。(*_*)
あの岩の天辺まで登られたんでしょう?すごいです。(/▽\)♪

投稿: まつきんサンバ | 2008年10月19日 (日) 22時30分

こんにちは。
ロッククライマーの人は、
この直角のような岩でも登っちゃうんですか。
凄いですね。 (^^ゞ

投稿: 100-400IS | 2008年10月20日 (月) 00時25分

NIMITZさん

下りが苦手という人は結構多いですね。
私はどちらかというと下りのほうが得意です。
下りは重力に任せておけばいいので‥

クライマーはこういう岩を見ると、うずきますねぇ(笑)
あー登って、こー登って、と目で追っていきます。

投稿: torotorotorori | 2008年10月20日 (月) 08時22分

まつきんサンバさん

頂上の眺めはよかったです。
天気のいい日の山はいいですねーfuji

ロッククライムというと難しそうですけど、子供のころ男の子なら木登りしたり、ジャングルジムで遊んだりしましたよね。
高いところに登りたいという素朴な本能を満足させる遊びなんですよshoe

投稿: torotorotorori | 2008年10月20日 (月) 08時26分

100-400ISさん

こういう硬い岩はロッククライミングには最適です。
昔は道具を使って登ったのですが、最近は道具を使わないで登るのが流行です。
これは一段と難しくて、スポーツ的要素が強くなります。

投稿: torotorotorori | 2008年10月20日 (月) 08時27分

こんばんは。
いわがごつごつして凄いですね。

ウチの近くに低い山でこんなところがあります。
学生のときはよく登ってそこからマツタケを採りに行ってました。
一度も採れたことありませんが。(笑)

投稿: 一緒に夜空眺めよう | 2008年10月20日 (月) 17時43分

一緒に夜空眺めようさん

松茸採りですか?
いいですねー。
採れたらすんごくいいでしょうね(^-^)
松茸ご飯食べたいな。

投稿: torotorotorori | 2008年10月21日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184454/42765369

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山の紅葉 Part4:

» 盾Չ [紅葉 Search Anything]
昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいました紅葉関連本。結局立ち読みで... [続きを読む]

受信: 2008年10月19日 (日) 19時46分

« 瑞牆山の紅葉 Part3 | トップページ | 鉄道博物館 »