« 鉄道博物館 その2 | トップページ | 鉄道博物館 その4 »

2008年10月25日 (土)

鉄道博物館 その3


とってもレトロなポスターがありました。
 

Img_4798

超レトロ
 
 

Img_4799_2

 

Img_4800

満鉄アジア号。 大連・ハルピンが13時間もかかったんですね。

 

Img_4801

こんな特急があったんですか

 

Img_4844

昔の上野駅を思い出しました。 




|

« 鉄道博物館 その2 | トップページ | 鉄道博物館 その4 »

コメント

こんにちは。
かなり年代もののポスターですね。(^^ゞ
「へいわ」「平和」という特急はあったらしいです。
鉄道が好きだった、子供の頃に鉄道雑誌で、
昔の鉄道の記事で見たことはあります。

投稿: 100-400IS | 2008年10月26日 (日) 00時19分

100ー400ISさん

よくご存じですねー。
さすがです(^O^)
私は特急の名前は鳥の名が多いなぁ、くらいの認識しかないんです。
ピースっていうタバコもありましたし、平和に対する強い思いがあったんだなぁと感じます。

投稿: torotorotorori | 2008年10月26日 (日) 18時50分

こんばんは。
朝鮮半島が日本の領土で満州が植民地時代ですね。
満鉄は日本が作ったんですよね。
ということは1930年代のポスターってことでしょうか。
このころは満州も北海道も同じような感覚だったのでしょうかね。

投稿: NIMITZ | 2008年10月26日 (日) 20時15分

こんばんは。
すごいポスターですね。大連‐ハルピンは今でも普通特急で長時間かかると思います。
20年ほど前になりますが、瀋陽⇒長春⇒ハルピンをそれぞれ列車で移動したことがありますが、なかなか乗り応えがありました。

投稿: まつきんサンバ | 2008年10月26日 (日) 23時52分

NIMITZさん

>このころは満州も北海道も同じような感覚だったのでしょうかね。

多分そうなんでしょうね。
満州には開拓の人が大勢入りましたが、北海道にも開拓使が置かれていましたし。
今ではとても想像つかない感覚だったんでしょう(゜o゜)

投稿: torotorotorori | 2008年10月27日 (月) 07時49分

まつきんサンバさん

私もハルピン-瀋陽-大連と汽車の旅をしたことがあります。
瀋陽まででも結構かかりました。
4時間くらいだったかな。
日本人には特別の感慨がある地域ですね。

投稿: torotorotorori | 2008年10月27日 (月) 07時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館 その3:

« 鉄道博物館 その2 | トップページ | 鉄道博物館 その4 »