« 康楽館 最古の芝居小屋 | トップページ | 鳴子峡 »

2008年11月 7日 (金)

最古の芝居小屋 その2

Img_5434

舞台の下をのぞいて見ました。



Img_5428

木造の回り舞台。重さ2トンだそうです。

 

Img_5435_2

ここに肩を当てて、人力でまわすんですよ


Img_5443

貴重な文化財ですね~

 

Img_5446

普段は大衆演劇ですが、年に何回か本格的な歌舞伎の上演があるそうです。

|

« 康楽館 最古の芝居小屋 | トップページ | 鳴子峡 »

コメント

こんばんは。
舞台の下というのはなかなか貴重な写真ですね。
今でも歌舞伎などの時は人力で動かしているのでしょうか。
なかなか立派な舞台の下ですね。
重要文化財の指定書というのを初めてみました。
大衆演劇というものを一度見てみたいです。

投稿: NIMITZ | 2008年11月 7日 (金) 21時10分

NIMITZさん

ここの入場料の中に、奈落の見学も入ってるんですよ。
演劇もちょっと覗けてなかなかお得でした。
覗いた時にやってたのは、ちゃんばらコントのような物でした

投稿: torotorotorori | 2008年11月 7日 (金) 23時19分

こんばんは。
おそらくは田舎町なんでしょうが、とても素晴らしい重要文化財があって、それが現役で活躍しているなんてとてもロマンのあるところなんですね。
私は初めて知りましたが、日本での知名度はどうなんでしょうか。

投稿: まつきんサンバ | 2008年11月 7日 (金) 23時50分

まつきんサンバさん

そうですねー、かなりの田舎です(失礼)。

>日本での知名度はどうなんでしょうか。
100人に聞いて知ってる人は1人いるかどうかでしょうね。
狭い日本でもまだまだいいところがあるんですね。

投稿: torotorotorori | 2008年11月 8日 (土) 09時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最古の芝居小屋 その2:

« 康楽館 最古の芝居小屋 | トップページ | 鳴子峡 »