« 白馬大雪渓を登る | トップページ | 白馬大雪渓を登る Part3 »

2009年5月 7日 (木)

白馬大雪渓を登る Part2

猿倉から1時間ほどで大雪渓に入りました。
日本三大雪渓の一つというだけあって、大きな谷です。


Dpp_099

ぽつんと見えているのが登山者。

 

Dpp_100

ピッケルアイゼンの登山者は少なくて、山スキーヤーがほとんどでした。
クライマーは主稜を登攀するんだと思います。

 

Dpp_101

ヨーロッパアルプスの氷河をほうふつとさせる風景

 

足の速い人たちに抜かれました

 

Dpp_102

早くも疲れ気味

 

Dpp_103

どんどん急になってきて、ほとんどの人は、アイゼンに履き替えてました。
我々も遅ればせながら急斜面中間で履き替え。もっと早くすればよかったと反省しました

 

Dpp_104

担いだスキーが肩にずっしり。
つらい登りでした

|

« 白馬大雪渓を登る | トップページ | 白馬大雪渓を登る Part3 »

Power Shot G7」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
動画もアップできるんですね。雪山登山の迫力が伝わってきました。
息子さん、とってもイケメンですね。(^^)v

投稿: まつきんサンバ | 2009年5月 8日 (金) 16時08分

こんにちは。
すごい谷ですね。
雪崩が起きたら大変なことになりそうなところですね。
雪山を登る靴を「アイゼン」というのですね。
雪山を滑るにはかなりの重装備が必要ですね。
動画はG7のものでしょうか。
私はコンデジに動画機能があることをいつも忘れてしまっています。(^^)ゞ

投稿: NIMITZ | 2009年5月 8日 (金) 16時57分

まつきんサンバさん

この動画はnifty動画共有を使ってます。
you toubeも使えます。
リンクを貼るだけなので、ブログが重くなることはありません。

イケメンかどうかわかりませんが、小顔ではあります

投稿: torotorotorori | 2009年5月 8日 (金) 19時40分

NIMITZさん

冬は新雪雪崩が怖い谷です。
春はブロック雪崩というのが横から落ちる可能性がありますが、今回は安定してました。
アイゼンというのは、登山靴の下につける鉄の爪のようなものです。
これをつけると雪の上でも滑らずに歩けます

G7の動画、最近使うようになりました。
動画は編集が楽しいですね

投稿: torotorotorori | 2009年5月 8日 (金) 19時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬大雪渓を登る Part2:

« 白馬大雪渓を登る | トップページ | 白馬大雪渓を登る Part3 »