« 多賀城を歩く その8 | トップページ | 神室山 吊り橋を渡る »

2009年6月28日 (日)

神室山 森を歩く


神室山(かむろやま)は、秋田、山形の県境にある標高1365mの山です。
山容は立派で残雪も多く、とても1300mの山には見えません。
秋田県の湯沢方面から登るのが一般的ですが、そこまで行くのが大変なので、なかなか登る機会がない山です。


西ノ又コースという沢沿いのコースから登りました。
深い森の自然を楽しむことができました




クリックしてご覧ください。

Dpp_0868


 


Dpp_0869




Dpp_0870


 

Dpp_0871


 

Dpp_0872


 


Dpp_0873

|

« 多賀城を歩く その8 | トップページ | 神室山 吊り橋を渡る »

コメント

本当に深い森の自然ですね。
森の精が住んでいそう・・・
ブログで森林浴をしたような気分です。

このような自然を大切にしたいものです。

投稿: 模糊 | 2009年6月28日 (日) 22時35分

こんばんは。
ほんとにすばらしい森の自然ですね。
厳冬の頃は人間の立入りをかたくなに拒んでいるのでしょうね。
自然の営みのたくましさを実感しました。

投稿: まつきんサンバ | 2009年6月28日 (日) 23時06分

模糊さん

森の中、他に誰もいなかったんですよ。
動物が出てきそうな雰囲気でした。
熊だと怖いな~と思ってました

結構険しい山ですし、百名山から外れているので、そんなに荒らされることはなさそうです。

投稿: torotorotorori | 2009年6月29日 (月) 08時49分

まつきんサンバさん

秋田県の一番奥ですので、豪雪地帯です
登って行ったら、標高600mくらいのところにまだ雪が残っていたくらいです。
真冬に登る人はほとんどいないと思います。

投稿: torotorotorori | 2009年6月29日 (月) 08時50分

こんにちは。
山を見ると登らずにはいられないといのは素晴らしいですね。
私は体力的にもう無理です。(>_<)
森林浴といいますが、まさにここは森林浴という感じですね。
いい空気をたくさん吸われたのでしょうね。
それがまた山を登る体力につながる。好循環ですね。
旭川は山だらけですが私の左足は平地を歩いても悲鳴を上げます。(T_T)

投稿: NIMITZ | 2009年6月29日 (月) 17時06分

NIMITZさん

そこに山があるから‥というわけでもないのですが。
ナントカと煙は高いところに登りたがるという話もありますね(爆)

まぁ、自然が好きなんです。
登っている時はつらいこともあるんですけど、高山植物や頂上からの展望を見ると、吹っ飛んでしまいます

投稿: torotorotorori | 2009年6月29日 (月) 18時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神室山 森を歩く:

« 多賀城を歩く その8 | トップページ | 神室山 吊り橋を渡る »