« 多賀城を歩く その2 | トップページ | 多賀城を歩く その4 »

2009年6月20日 (土)

多賀城を歩く その3


塩釜の近くに多賀城が建設された時代(西暦724年だそうです)まで来ました。



多賀城の役割。知りませんでした~
 (^^ゞ

Dpp_0806

 

多賀城の南門に建てられた碑のレプリカです。
重要文化財の実物はそのうち出てきます

Dpp_0803


 

Dpp_0804


 


京から1500里、蝦夷の国から120里、常陸の国から412里‥と書いてあります。

Dpp_0805


 


政庁の模型です東北にこんな立派なものが建てられていたんですね。

Dpp_0807

|

« 多賀城を歩く その2 | トップページ | 多賀城を歩く その4 »

コメント

こんばんは。
こんなりっぱな政庁が平安時代の東北地方にあったのですね。
奈良・平安時代の勢力範囲をあまり理解していなかったということでしょうね。(^^;)
お城というと室町時代後半から江戸時代というイメージですが、こういう古代の城跡も行ってみたいです。

投稿: まつきんサンバ | 2009年6月20日 (土) 22時48分

こんにちは。
楽しそうな博物館ですね。
青葉城は聞いたことありますが、
多賀城と言うのは知りませんでした。 (^^ゞ
政庁の建物は今はもう残っていないんですか。

投稿: 100-400IS | 2009年6月20日 (土) 23時58分

こんばんは。
多賀城というのは東北の豪族が建てたのではないのですね。
大和朝廷の出先機関だったんですね。
それにしても立派な建築物ですね。財力がありますね。
平安時代には東北は治めていたようですね。
蝦夷国120里とありますが、蝦夷国ってどこでしょうね。
蝦夷国にはだれが住んでいたのでしょう。疑問だらけです。

投稿: NIMITZ | 2009年6月21日 (日) 01時58分

まつきんサンバさん

こういう建物は、京都、奈良にしかないと思ってました。
驚きましたー。
歴史をもう少し勉強しないといけませんね

投稿: torotorotorori | 2009年6月21日 (日) 09時00分

100-400ISさん

立派な博物館でした。
屋外には民家の展示もありました。
東北といっても広いので、色んな展示物があります。

政庁は遺構が残ってますので、そのうちご紹介します

投稿: torotorotorori | 2009年6月21日 (日) 09時02分

NIMITZさん

国の出先ですね。
当時の中央政府が全国を治めていたことを示す機関です。
解説をちらっとしか見なかったのですが、蝦夷の国は秋田方面のようでした。
誰が住んでいたか? う~ん、謎です。
Wikipediaを見てみましたが、難しいです

投稿: torotorotorori | 2009年6月21日 (日) 09時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多賀城を歩く その3:

« 多賀城を歩く その2 | トップページ | 多賀城を歩く その4 »