« 秘湯 大平温泉 | トップページ | 秘湯 大平温泉 PART3 »

2009年7月27日 (月)

秘湯 大平温泉 PART2


絶景の露天風呂を一人占めしてしまいました。
というか、あの道を運転してくる人は少ないかもです。

8_2

200mの山道を下って、ついに谷底の宿が見えてきました。
右手に見えるのは宿まで荷物を運搬するためのケーブルです。


9_2

恐ろしげな標識がここにも
吊り橋を渡ると待望の温泉です。



10_2

こんな谷底にどうやって建てたのかと思う宿ですね。

 

11

荷物を運んで行きました。



12_2

男女別の露天風呂。



13_2

いやー、絶景でした




 


 

|

« 秘湯 大平温泉 | トップページ | 秘湯 大平温泉 PART3 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

いいですね 秘湯!
私も行って見たいですが、おそらくその道では
連れ合いからOKが出ません

最近は有名秘湯に行っても人ばかりで
どこが秘湯なの?
っていう感じですからね。

投稿: | 2009年7月27日 (月) 20時44分


そそっかしいので 名前を入れ忘れました

投稿: prisoner6 | 2009年7月27日 (月) 20時46分

露天風呂を一人占めですか。
いいですねえ・・・
ロケーションも最高ですね。
写真が撮れるところもまた良いです(笑)
これこそ大自然の中の天国ですね!

投稿: 模糊 | 2009年7月27日 (月) 21時48分

こんばんは。
どれもこれもすごいとしか言いようがないところですね。
この露天風呂は最高ですね。(*^-^*)
そういえば露天風呂で石鹸で体を洗っている人っていないですよね。
この建物はどうやって建てたのでしょう?
それに従業員はあの道を車で通うのでしょうか。
ロープで資材を運んだのでしょうかね。もしかして従業員も???
5人以上ダメという橋も不気味ですね。{{(>_<)}}
経営が成り立っているのがちょっと不思議です。

投稿: NIMITZ | 2009年7月27日 (月) 22時28分

こんばんは。
すごい場所にある秘湯なんですね。
車では危険とうい看板と、つり橋の人数制限
すごいところですね。 
でも、こんなところでお酒を飲みながら温泉に浸かったら最高ですね☆

投稿: 夜空 | 2009年7月27日 (月) 22時34分

こんにちは。
とてつもないところにある温泉宿なんですね。
宿に着くまでの山道の運転は大変でしょうけど、
宿に着いてしまえば自然の中で気持ちよく温泉にはいれますね。

投稿: 100-400IS | 2009年7月28日 (火) 00時35分

こんばんは。
ほんとに谷底にある温泉なんですね。旅館までのアプローチが恐ろしい看板ばかりだし、荷物を運ぶケーブルにも驚かされました。
でも、その割りに建物や露天風呂がモダンな造りなのがもっと驚きでした。
意外とたくさんのお客さんが来られているのかなと思いました。

投稿: まつきんサンバ | 2009年7月28日 (火) 00時36分

prisoner6さん

ここは文句なしの秘湯です。
200mの上り下りがありますし、何といっても道路がすごいです。
あれほどの道路は私は経験がないです。
対向車が来たらどうしよー、と心配しながらの運転でした。

それだけに人は少なかったです。のんびりお風呂に入れました。

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 06時31分

模糊さん

私が入っている間は私一人でした。
誰もいないので、気兼ねなく写真を撮れました
お隣の姥湯も秘湯と言っていいと思いますが、すぐ近くまで車が入れるので、ここに比べるとぐっと人が多いです。
ただし、景色はあちらも絶景です。

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 06時33分

NIMITZさん

ネットで見てすごい所みたいだと思って行ってみたら、予想以上にすごい所でした
一見の価値は十分にある温泉です。
次回は他の人の運転で行きたいですね(笑)

露天風呂は上がり湯がないので、石鹸は難しいんじゃないでしょうか。
スバルサンバー?みたいな小さな車が、温泉までの道においてありました。
重い荷物は途中まではこの車で、あとはケーブルで運ぶんだと思います。

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 06時38分

夜空さん

街からそんなに遠くないのですが、秘湯の名に恥じない温泉でした。
私は日帰りでしたので、お酒を飲むわけにはいきませんでしたが、
ビール片手に露天風呂に入ったら最高でしょうね。
次回は泊まりたいです、誰かが運転してくれたら‥(爆)

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 18時50分

100-400ISさん

山道運転と、山道の上下という二重のバリアーがある温泉です。
半端な気分では行けない所でした
珍しい温泉ですね。
宿泊者は宿の車で途中まで送ってもらえるみたいです。

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 18時58分

まつきんサンバさん

誰か連れて行ってくれる人がいればいいですね。
正直なところ、何回も運転したくはない道でした。
対向車が来たら本当に困りそうでした。

投稿: torotorotorori | 2009年7月28日 (火) 19時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘湯 大平温泉 PART2:

« 秘湯 大平温泉 | トップページ | 秘湯 大平温泉 PART3 »