« フィレンツェを歩く その4 | トップページ | フィレンツェを歩く その6 »

2009年9月 1日 (火)

フィレンツェを歩く その5


15分ほど並んでドゥオモの内部に入りました。
クルーズ船の大きな団体もいて、長い行列ができていました。

 

105

美しい大理石

 

106

時間が進むにつれて、門前はごった返し状態に‥

 

109

ドームの高さは90m、上の方の通路を歩いている人が点のようでした。
天井には最後の審判が描かれています。

 

111

ミサの行われるまでの時間を示すというパオロ・ウッチェロの時計。

|

« フィレンツェを歩く その4 | トップページ | フィレンツェを歩く その6 »

コメント

こんばんは。
これが大聖堂ドームなんですね。お写真を拝見するに90mもあるようには見えないのですが、蟻のような点が人間だと聞いて納得できました。
この前に立てば、このような建物を建てられる純粋な信仰心が俗輩者の私にも少しは分かるのでしょうか。

投稿: まつきんサンバ | 2009年9月 2日 (水) 00時33分

こんにちは。
すごい人ですね。観光客ですよね。観光名所なんですね。
ヨーロッパのことはあまり分からないんです。(^^)ゞ
すごい大理石のドームですね。
この信仰心の熱さには驚いてしまいます。
日本には神様と仏様がいてと世界的に珍しい国ですからね。
戦後は無宗教の国になってしまいました。
ちょっと欧米がうらやましいです。

投稿: NIMITZ | 2009年9月 2日 (水) 07時13分

まつきんサンバさん

あまりにスケールが大きいので、私も実際の大きさが良くわかりませんでした。
これだけ大きな建築物を設計して建設すること自体、大変だったと思います。
計算機もクレーンもないんですからね。

宗教の力はすごいです

投稿: torotorotorori | 2009年9月 2日 (水) 21時10分

NIMITZさん

NIMITZさんはアメリカの専門家ですもんね(^^)
ヨーロッパは歴史が古いので、奥行きが深い感じがします。
はまってしまいそうな魅力がありました。

日本で大規模な宗教建築というと東大寺でしょうか?
東大寺は確かに立派な歴史遺産だと思いました。

投稿: torotorotorori | 2009年9月 2日 (水) 21時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェを歩く その5:

« フィレンツェを歩く その4 | トップページ | フィレンツェを歩く その6 »