« ローマを歩く Part6 | トップページ | ローマを歩く Part8 »

2009年9月15日 (火)

ローマを歩く Part7


システィーナ礼拝堂の中は撮影することができないので、ミケランジェロの「最後の審判」をお見せすることはできません。
でも、礼拝堂の壁面に描かれた「最後の審判」は、ぐるぐる動いているような錯覚に陥るほど迫力のあるもので、数百人の観客とともに見入ってしまいました



45

サン・ピエトロ大聖堂に収められたピエタ像。
ミケランジェロが生涯に4つ制作したピエタ像のうち最初のもので、23歳の時の作だそうです。

 

46

大聖堂の内部。

 

47

ペテロ像。触れるといいことがあるというので、人の列が途切れません。

 

48

天井までは大変な高さです

|

« ローマを歩く Part6 | トップページ | ローマを歩く Part8 »

コメント

こんばんは。
やはり「最後の審判」は撮影不可だったのですね。仕方ないですが、これまでの超豪華美術品のお写真を拝見しているだけでも十分に堪能させていただきました。
これだけの観光客が押し寄せるだけのものがあると思いました。
私も引退するまでには一度行ってみたいと思います。

投稿: まつきんサンバ | 2009年9月15日 (火) 23時05分

こんばんは。
凄い、大迫力ですね!!!
超広角レンズが大活躍ですね!
これだけ良いお写真を魅せてもらえると気持ちが良いです♪

投稿: 夜空 | 2009年9月16日 (水) 01時21分

こんばんは。
それにしてもすごい建物ですね。
建物だけでも圧倒されてしましますね。
「最後の審判」を見てみたかったです。
バチカンへ行くことはないでしょうからね。(>_<)
彫刻の絵画。素晴らしいものばかりですね。
バチカンはローマ法王がいるところという認識しかありませんでした。
芸術の街でもあるんですね。

投稿: NIMITZ | 2009年9月16日 (水) 17時37分

まつきんサンバさん

神聖な礼拝堂の中ですから仕方ありません。
法王を選ぶ選挙もこの部屋で行われたそうです。
「最後の審判」は、大変黒ずんでしまっていたのを日本の技術で修復したそうで、今ではとても鮮やかで生き生きとしていました。

>私も引退するまでには一度行ってみたいと思います。
はい、是非お勧めします。

投稿: torotorotorori | 2009年9月16日 (水) 22時25分

夜空さん

被写体がいいので、カメラもレンズもうれしそうでした(笑)
まぁ、一番うれしそうだったのは自分でした(爆)
イタリア、また行きたいですね~

投稿: torotorotorori | 2009年9月16日 (水) 22時26分

NIMITZさん

ドームの高さは100m以上あると思います。
この大聖堂を建築するのには莫大な費用がかかったようで、費用の調達には苦労したそうです。
私もバチカンというと、サンピエトロ広場で法王が演説する絵しか見たことがなかったです。
こんなに素晴らしい美術品のコレクションがあるというのは今回知りました

投稿: torotorotorori | 2009年9月16日 (水) 22時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローマを歩く Part7:

« ローマを歩く Part6 | トップページ | ローマを歩く Part8 »