« サザンライツ | トップページ | 京の秋 »

2009年12月18日 (金)

K-7のRAW現像

久しぶりのカメラネタです。

K-7のRAW画像を3種類のソフトで現像してみました。
K-7に付属のPentax Digital Camera Utility4(PDCU4)、SILKYPIX、Photoshop Elements8(PSE8)の3つです。
このうちPDCU4は、インターフェースが未整理という感じが強く、 画像の閲覧や選択、編集がやりにくいです。バッチ処理も不便です。ただし、Pentax独自のカスタムイメージを反映するにはこのソフトでないとできません。

SILKYPIXは、画像の閲覧、選択、編集がしやすく、バッチ処理も容易です。

最後のPSE8は、Jpeg変換の前にCamera Rawというステップを踏むので、手順が一つ余計にかかります。ただし、文字入れや水平出しなどの編集を合わせて行えるメリットがありますね。

各ソフトの出来上がりはこんな感じです。

PCDU4 鮮やか

Dcu4

 

SILKYPIX 標準色

Silkypix


 

PSE8

Pse8



うぅ~、どれもあまり変わらないかもしれません

|

« サザンライツ | トップページ | 京の秋 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
現像はいろいろ楽しめますね。
PCDU4とPSE8は似ているように感じます。
2つのカメラでメーカーが違うとソフトも違ってきますものね。
私はCanonのDPP専門でこれ以外は使ったことがありません。
これ以外のソフトを持っていないというのが本当のところですが。(^^)ゞ

投稿: NIMITZ | 2009年12月19日 (土) 08時48分

NIMITZさん

本当は、カスタムイメージが使えるPDCU4で現像するのがいいと思います。
ところが、このソフトはとても使いにくいんですね。
powered by SILKYPIXと書いてあるのですが、使い勝手は似ても似つきません

>私はCanonのDPP専門でこれ以外は使ったことがありません。

DPPは使いやすいですよ。
無料で添付されているとは思えない使いやすさです。
どんどんバージョンアップしているところも好感度大ですね。

投稿: torotorotorori | 2009年12月19日 (土) 19時46分

はじめまして。
K7の画像参考として、いつも拝見させてもらっています。
今回の現像ソフトの違いは興味がありましたが、私にはあまり違いがわかりませんでした。
PCDU4はK10Dでたまに使うことがありますが、やはりインターフェースが未完成でとても使いにくく感じています。

投稿: yama | 2009年12月20日 (日) 10時14分

yamaさん

おいで頂いてありがとうございます。
K-7は緑や青がきれいですね。
PCDU4の使いにくさは、ちょっとひどいですね。
私ならSILKYPIXを使ってしまいます。
何とかしてほしいものです。

投稿: torotorotorori | 2009年12月20日 (日) 15時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-7のRAW現像:

« サザンライツ | トップページ | 京の秋 »