« 紅葉を愛でる 箱根編3 | トップページ | 紅葉を愛でる 箱根編5 »

2009年12月12日 (土)

紅葉を愛でる 箱根編4


箱根美術館の庭園はさほど広くありませんが、被写体はたくさんありました。


40


 

41


 

42


 
真紅です。

43


 

44



たくさんの観光客が訪れていましたが、こうして写真に撮るとそう感じないのが不思議です。

|

« 紅葉を愛でる 箱根編3 | トップページ | 紅葉を愛でる 箱根編5 »

EOS7D+EF-S17-55IS」カテゴリの記事

EOS7D+EF70-200F2.8LIS」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
狭い中での紅葉撮影、撮影者がどれだけ引き出しを持っているかで
ぜんぜんお写真が変わってきますよね。 今回のお写真は
被写体を引き出したものだと思います。
実際にどれだけ広いかは解りませんが、面積の狭いところで
体積もを見方にされたお写真素晴らしいと思います☆

投稿: 夜空 | 2009年12月12日 (土) 19時40分

こんばんは。
素晴らしい切り取り方ですね。
観光客の存在を感じさせない閑静な庭園を連想しました。

投稿: まつきんサンバ | 2009年12月12日 (土) 23時11分

こんばんは。
観光客がたくさんいるとは全く感じませんね。
静寂なところでの1人での撮影と想像してしまいます。
箱根と聞くと紅葉も立派に感じますね。
こちらは秋が長いのですが紅葉は一瞬です。
タイミングがいつもつかめません。(>_<)

投稿: NIMITZ | 2009年12月13日 (日) 04時51分

夜空さん

大勢の人がいても、写真では避けて撮ることができるので、
あれ、写真で見た方がきれいじゃない?という場面も多いですね。
ネットや雑誌で上手な人の写真を見て、少しでも吸収できるといいですが。

投稿: torotorotorori | 2009年12月13日 (日) 13時18分

まつきんサンバさん

この庭園は、見事な苔と紅葉のコラボを楽しむことができます。
3年前に初めて行ったのですが、本当にいいところですよ。
今回は、時間がなかったので美術館はパス、お庭だけ堪能してきました。
私が美術品を見ても猫に小判ですし(爆)

投稿: torotorotorori | 2009年12月13日 (日) 13時21分

NIMITZさん

私は登山者としての感覚で見てしまうので、標高の低い箱根は、
東京から近い温泉地という安易なイメージを持っていたのですが、
どうして、富士山と芦ノ湖とか、千石原のススキとか見所が満載の素敵なところです。

投稿: torotorotorori | 2009年12月13日 (日) 13時23分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を愛でる 箱根編4:

« 紅葉を愛でる 箱根編3 | トップページ | 紅葉を愛でる 箱根編5 »