« プノンペンの街並み | トップページ | ビエンチャンの街並み »

2010年1月26日 (火)

プノンペンの晩ごはん


近代的なビルとトゥクトゥクのコントラスト

Dpp_0016_2

 

夕食はローカルレストランで。

Dpp_0020

  

これは何でしょう?

Dpp_0017




鶏肉かと思ったらカエルでした

 

これはおいしかったです。

Dpp_0018

 

 

デザートはこちら

Dpp_0019

|

« プノンペンの街並み | トップページ | ビエンチャンの街並み »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
カンボジアに行かれたのですね。とてもうらやましいです。
20年近く前にミャンマーからベトナムに行く途中で立ち寄ろうとしたのですが、結局時間がとれず断念して以来、いまだに足を運べていません。
とても近代的なビルが建っているんですね。最新のカンボジア情報、楽しみにしています。(^▽^)/

投稿: まつきんサンバ | 2010年1月28日 (木) 00時19分

こんにちは。
やはり首都プノンペンは立派な建物がありますね。
カエルですかぁ~。鶏肉のような味がするとは聞いていますが・・・。
食べ物は東南アジアという感じがとてもします。
昔、蟻と闘いながら食事をした思い出があります。(笑)
レストランの看板が3つの言語で書かれていますね。
やはり英語が一番わかりますね。

投稿: NIMITZ | 2010年1月28日 (木) 07時08分

まつきんサンバさん

今回は仕事なので行けませんでしたが、アンコールワットは是非行ってみたいです。
素晴らしい遺跡だそうです。
私が見た高層ビルは、この1棟だけでした。
豊かな国土のようですので、これからどんどん発展していくと思います。

投稿: torotorotorori | 2010年1月28日 (木) 21時27分

NIMITZさん

カエルの味は鶏肉と似てました。
おいしかったのですが、1つ食べただけで後は敬遠してしまいました
>昔、蟻と闘いながら食事をした思い出があります。
今回は蟻の卵料理も出てきそうだったんですよ(大汗)

こちらの方はアルファベットでないので、何を書いてあるか全く分からないのが困りました。

投稿: torotorotorori | 2010年1月28日 (木) 21時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プノンペンの晩ごはん:

« プノンペンの街並み | トップページ | ビエンチャンの街並み »