« スキーとスノボ | トップページ | 新雪のスキー »

2010年1月21日 (木)

スキーの長さ


スキーの長さは「身長+20cm」とか、「手を伸ばして先が届くくらい」と言われたものでした。

それがカービングスキーの登場で様変わり。今では160cm-170cmが主流となりました。
短いスキーでも、きついサイドカーブの力で切れ味のいいターンを描くことができます。
サイドカーブがターンを助けることは古くから知られていたのですが、これほどきついカーブを付けることは、当時だれも考えなかったのでした。

まさにコロンブスの卵です

 

カービングスキーは短いです。

23

 

昔のスキーは…

Dscf2393


|

« スキーとスノボ | トップページ | 新雪のスキー »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
スキーというものが変化するというのは考えてもみなかったです。
あの長いスキーを操るのが大変でした。
今は短いので少しは楽ですね。(^v^)
なにより持ち運びがしやすくなりますね。
昔は車の屋根にスキーを積んでいる車をよく見ました。
今は見ませんね。(>_<)
スキー場がたくさんある旭川でこれですからね。
スキー人口の減少は北海道には辛いものがあります。

投稿: NIMITZ | 2010年1月21日 (木) 21時57分

NIMITZさん

ずいぶん短くなったので、セダンでもトランクスルーで十分運ぶことができます。
ミニバンならなおさらですので、最近はスキーキャリアを積んだ車はほとんど見ません。
北海道のスキー場の閉鎖はあまり聞きませんが、東北北部ではいくつも閉鎖されてしまいました

投稿: torotorotorori | 2010年1月21日 (木) 22時20分

こんばんは。
スキー板といってもいろんな種類があるのですね。
カーブがきつくて短いというのは、スノーボードもその発想からできたものなのでしょうか。
ジャンプ用のスキー板にはカーブは必要ないのでしょうね。

投稿: まつきんサンバ | 2010年1月22日 (金) 00時20分

まつきんサンバさん

カービングスキーの登場は革命的でした。
昔のスキーではなかなかパラレルターンが難しかったのですが、カービングスキーは曲がる力が強いのでなんとなくスキーがそろってきます。
せっかくやさしいスキーが生まれたのにスキーヤーが減ったのは残念です。

ジャンプ用のスキーは、ジャンプ台をまっすぐに滑り降りるのが大事なので、滑走面に深い溝が3本(だったと思います)彫られています。
スノーボードは、サーフィン板から生まれたもので、アメリカ西海岸の人たちがサーフィン板で雪山を滑ったらどうかと考えたそうです。

投稿: torotorotorori | 2010年1月22日 (金) 09時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーの長さ:

« スキーとスノボ | トップページ | 新雪のスキー »