« 初滑り その3 | トップページ | スキーの長さ »

2010年1月18日 (月)

スキーとスノボ

最近のスキー場はすいています。
1980年代、90年代のにぎわいを知っている世代にとっては、まさに隔世の感があります。1980年にユーミンのSURF&SNOWが発売され、映画「私をスキーに連れてって」でスキー人気が爆発。どこのスキー場でも「スキー天国、サーフ天国」や「恋人はサンタクロース」が流れていたものです。

この前、新聞にスキー人気の移り変わりが特集されていました。それによると、90年代初めには2割近くの人が年に1回はスキーをしていたのが、今では5%まで落ち込んだそうです。
20代の若者の参加率も、20%から5%に急落 まぁ、全国民の2割がスキーをしていたというのもすごいんですが。

一方スノボの方は20代の参加率が20%近くを維持しています。
ただ、少子化で若者の人口自体が減っているので、スキー場がスノボで混雑しているわけではありません。リフト待ちがなかったのはうれしいのですが、スキー場が倒産してしまうと困ります。最近はスキー場の閉鎖やリフトの撤去が相次いでいます

雪山の魅力は変わらないですから、ぜひ魅力を再発見してほしいです。

 

連休でこの程度とは寂しいです。

21

 

雪山の魅力

005


|

« 初滑り その3 | トップページ | スキーの長さ »

ハンディカム HDR-CX500V」カテゴリの記事

コメント

私も80年代90年代の賑わいを知っている世代ですが
写真を撮らなければ、冬は家の中にいるタイプですので
スキー場はニュース映像で見るだけでした。
寒そうですよね

投稿: prisoner6 | 2010年1月19日 (火) 11時40分

prisoner6さん

あのころはスキー場に行くのが一苦労でした。
高速道路は早朝から大混雑で駐車場状態。
列車は何時間も並んで結局座れずにごろ寝していくとか。
今から考えると正気の沙汰とは思えないです(笑)

スキーもどんどん滑ると汗をかいて暑いくらいです。
昔はリフトが混んでいたのと遅いので、すっかり寒くなってしまったのですが、今は待たずにどんどん滑れます。

投稿: torotorotorori | 2010年1月19日 (火) 14時04分

こんばんは。
私はひよっこスキーヤーでしたが
最近はやってないですね。
2004年くらいが最後でしょうか。
いまだにぜんぜんへたくそです。
高所恐怖症できつい傾斜は絶対に無理です。(笑)
スキー人口、減ってしまったのですね。

投稿: 夜空 | 2010年1月19日 (火) 19時42分

夜空さん

スキー人口は、1990年代初めがピークでその後急速に減っています。
少子化、スノボの登場、ネットと携帯の出現などが原因だと思います。
若者の収入が減って、バブリーな生活がはやらなくなったことも大きいでしょうね。
一時期のクリスマスは大変なイベントでしたから。

投稿: torotorotorori | 2010年1月19日 (火) 22時42分

こんばんは。
私はスキーの経験がないのですが、確かにスキーボードよりスノーボードの方が小さくて列車でも移動が楽だろうなとは思います。
スキーがスノボに変わってもスキー場は同じでしょうし、スキー・スノボ人口自体が減ってしまったということなのでしょうね。
そのうちにスキー場とは言わずに、スノボ場とか言うようになるのでしょうか。(^^;)

投稿: まつきんサンバ | 2010年1月20日 (水) 00時25分

まつきんサンバさん

一時はスノボが増えてスキーに取って代わるかと思いましたが、そうでもないんです。
若者の巣籠り現象というか、そもそもあまり遠出をしなくなったようです。
スキー場の数が減ったり、リフトやゴンドラが撤去されたり、と愛好者にとっては寂しいです

投稿: torotorotorori | 2010年1月20日 (水) 11時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーとスノボ:

« 初滑り その3 | トップページ | スキーの長さ »