« 京の秋 その12 | トップページ | 初滑り その2 »

2010年1月10日 (日)

初滑り

今シーズンの初滑り、ソニーのハンディカムHDR-CX500Vを導入しました。
ハイビジョン撮影ができて、高度な手ぶれ防止機能があり、暗闇でも撮影できるという優れモノです。静止画像は最大1200万画素。GPS機能も内蔵していて、撮影位置を記録するばかりでなく時刻も自動調整してしまします。

これでお値段はなんと6万円。

10数年前の8mmビデオは15万円くらいしたと思うのですが…

デフレもここまで来たのか~という感じです。


付属のソフトで動画から静止画像をコマ落としで切り出してみました。
約300万画素で切り出せるそうですが、これを見ると動体撮影ではデジタルビデオの圧勝で、一眼レフも遠く及ばない感じです。

1


 

2


 

3


 

4


 

5


 

6


 

7


 

8


|

« 京の秋 その12 | トップページ | 初滑り その2 »

ハンディカム HDR-CX500V」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
京都の秋から真冬になりましたね。(笑)
6万円でそのような高性能ハンディカムが買えちゃうのですかぁ~。
恐ろしい世の中ですね。デフレもここまで来ているんですね。
ちょっと昔でも高かったですよね。儲けはあるのでしょうか。
やはりビデオ撮影はハンディカムにはかないませんね。
でも写真はコンデジと変わらないですね。
デジタルの進歩はすさまじいものがあります。(☆_☆)

投稿: NIMITZ | 2010年1月10日 (日) 22時28分

NIMITZさん

この値段には驚きました。
新鋭の売れ筋機でこの値段ですから。
最近は知りませんが、一昔前のビデオカメラはいろんな機能を追加しながら12-15万円を維持していたと思うのですが。
静止画も撮れますし、この便利さにはちょっとはまってしまいそうです。

一眼レフも、5年くらい前のEOS20Dよりはるかに高機能の7Dが、2/3くらいの値段で買えてしまいます。
消費者にはありがたいですが、デフレも困りますね

投稿: torotorotorori | 2010年1月11日 (月) 18時41分

ビデオカメラも安くなり進化しているのですね。
昔、ベータカム、VHS-Cや8mmビデオというのがあったと思うのですが、どうなってしまったのでしょうか?
ビデオには全くついていけない私です(笑)
静止画も結構いけますね。
携帯も進化していますが、あれも、もうついて行けません(汗)

投稿: 模糊 | 2010年1月11日 (月) 19時55分

模糊さん

正直、こんなに安くてこんないいものが買えるのに驚きました。
ホームビデオの歴史は、VHSorベータ→VHS-C→8mmときて、その後デジタル化しました。
デジタルもDVテープ→DVD→HDDと変化を遂げました。
今回購入したカメラは内蔵メモリに保存するタイプで回転するパーツがないので、振動に強いのではと思います。

投稿: torotorotorori | 2010年1月11日 (月) 21時06分

こんばんは。
いよいよtorotorotororiさんのシーズン到来ですね。
登山・ゴルフ・スキーとオールマイティのtorotorotororiさんですから、特別のことはないのかも知れませんが、またスキーのお写真が観られると楽しみにしています。
しかし、このハンディカムはとてもビデオとは思えない画質ですね。
ゴルフのスイングなども完璧に分解してしまうのでしょうか。

投稿: まつきんサンバ | 2010年1月11日 (月) 23時26分

まつきんサンバさん

同じデジタルビデオでも、ハイビジョン対応のカメラとそうでないのとでは、解像度が大違いみたいです。
本機は上から2番目の画質で撮影したのですが、それでも従来のビデオカメラとは格段の画質でした。
まつきんサンバさんのゴルフ用にもいいと思いますよ。

投稿: torotorotorori | 2010年1月12日 (火) 23時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初滑り:

« 京の秋 その12 | トップページ | 初滑り その2 »