« パウダースノー | トップページ | パウダースノー PART3 »

2010年2月11日 (木)

パウダースノー PART2


八甲田山へ持っていくカメラはK-7にしました。
コンパクトなので、リュックに入れやすいのが理由です。
防滴の本体と簡易防滴のDA18-55WRとのセットが、雪の中での使用にも強そうです。

 

6

頂上のアンテナは見事に凍りついていました

 


7


 

8

ロープウェーが八甲田山の生命線。
強風でもなかなか止まらない頼もしいやつです。
 

9

見事なつらら。
宿のある麓でも-15度、極寒の1日でした。

 

10

混浴大浴場で有名な酸ケ湯
ここには「混浴を守る会」があります。

|

« パウダースノー | トップページ | パウダースノー PART3 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

いやあ、様々な雪と氷の造形ですね!
本当に綺麗で見事です。
こちら暖かいコタツに入り込んで拝見しています。
ありがたいです。
多謝!

投稿: 模糊 | 2010年2月12日 (金) 21時20分

こんにちは。
札幌は人が作った雪像ですが、こちらは自然が作った雪像ですね。
あのアンテナはアンテナの役割を果たしているのでしょうか?
凍りついても電波は飛びますね。(^^)ゞ
ロープウェイがあるんですね。頼もしいですね。
「混浴を守る会」とはこれまた不思議な会ですね。
代表はどんな方でしょう。(笑)

投稿: NIMITZ | 2010年2月13日 (土) 09時48分

こんばんは。
ツリーのモンスターはいつか撮りたいです。
2002年頃から興味があります。
とても素晴らしいところですね。
いつかは、いつかは・・・写真に収めたいです。

投稿: 夜空 | 2010年2月13日 (土) 17時46分

模糊さん

-18℃久しぶりの極寒でした。
意外にそれほど寒く感じませんでした。
さすがに雪質は良かったですよ。
八甲田の樹氷は蔵王と並んで見事です。

投稿: torotorotorori | 2010年2月13日 (土) 18時08分

NIMITZさん

酸ケ湯の大浴場は混浴で有名です。
マナーを守って混浴を維持しようというのが「混浴を守る会」です。
永久名誉顧問が亡くなった三浦敬三さん、八甲田の主と言われて100歳までスキーをした方です。
男性の会長は写真家の浅井慎平さんです。

投稿: torotorotorori | 2010年2月13日 (土) 18時10分

夜空さん

私はいつもスキーがメインなので、じっくりと樹氷撮影をしたことはないんです。
1時間くらい取って、ゆっくり撮影してみたいですね。
なかなか、あれもこれもは難しくて

投稿: torotorotorori | 2010年2月13日 (土) 18時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パウダースノー PART2:

« パウダースノー | トップページ | パウダースノー PART3 »