« 梅と寒桜 Part3 | トップページ | マグロのお刺身 »

2010年3月 8日 (月)

K-7の高感度


K-7、いいカメラですが高感度は正直あまり使いたくありません。
ふつうのJpeg撮りですとISO1000くらいまでにしておきたいところです。
そんなわけで、ISOオートは1250までにセットしています。

今回はRAW撮影でSILKYPIXで現像してみました。
ISOは1600です。
クリックすると横幅1100ピクセルの画像が見れます。


○高感度ノイズ除去優先で現像

Imgp3097


 
○シャープなしで現像

Imgp3097_1_2

K-7でのISO1600はJpegではきついですが、RAWで撮ってSILKYPIX現像すれば何とか見れる感じです。

 

同じ被写体をEOS40DでJpeg撮影した画像。こちらはりサイズのみ、ISOは1600で同じです。EOS機ですと、Jpeg撮影でもノイズは気になりません。

Img_2374


|

« 梅と寒桜 Part3 | トップページ | マグロのお刺身 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
品川の、かずって言います。
私も最近K7を買いましたが。
高感度はザラザラで使えないですね。
ただ、無いと使えないから無いよりは言いかと。
何時も、読ませてもらって参考にしてます。
これからも、頑張ってブログを続けて下さい。

投稿: かず | 2010年3月 8日 (月) 23時46分

こんにちは。
そうなんですか。高感度は40Dの方がいいんですね。
K-7の方が新しいカメラでしたよね。意外ですね。
まだまだというかず~っと40Dには頑張ってもらわねばなりません。
ISO1600は室内では多用しております。(^v^)

投稿: NIMITZ | 2010年3月 9日 (火) 18時15分

なるほど、とても興味深いです。
非常に参考になりました。

EOSは20D時代には飛びぬけて高感度に強かったですね。
他社が今ようやく追いついて来たという感じです。
5D2ではsRAWで、ISO3200を常用しています。この点はフォーサーズがどんなに頑張っても敵わないですね(笑)

投稿: 模糊 | 2010年3月 9日 (火) 18時52分

かずさん

いらっしゃいませ。
いつもお読みいただいて、ありがとうございます。
どのカメラにも、それぞれ強いところと弱いところがあるのは仕方ないと思ってます。
それを知った上で使いこなすのが楽しさでもありますね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: torotorotorori | 2010年3月 9日 (火) 21時36分

NIMITZさん

ISO1600は20Dから平気で使っていました。
40DではISO3200も使えるようになってました。
それに比べるとK-7の高感度は数世代遅れている印象です。
40Dは画素数が少なくてファイルが軽いですから、使いやすいと思います。
まだまだ現役で大丈夫でしょう

投稿: torotorotorori | 2010年3月 9日 (火) 21時38分

模糊さん

EOSは40DからISO3200が使えました。
20Dの時点では、高感度性能はニコンD70よりも2段くらい上回っていたんじゃないでしょうか。
D3以降のニコンの超高感度機は画素数が少ないので、画素数と高感度のどちらを取るかは被写体しだいになりそうですね。

投稿: torotorotorori | 2010年3月 9日 (火) 21時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-7の高感度:

« 梅と寒桜 Part3 | トップページ | マグロのお刺身 »