« イスカンダルへ。。。 | トップページ | イスカンダルへ。。。 Part3 »

2010年8月18日 (水)

イスカンダルへ。。。 Part2

アレキサンドリアは地中海性気候と言うんでしょうか、さわやかな海風が吹いて内陸とはずいぶん気候が違います。内陸では夏には40度を超えることもありますが、アレキサンドリアでは30度くらいまでしか上がりません。

内陸の砂漠と海辺のさわやかな気候というのは、高熱で荒れ果てた地球とコスモクリーナーという宇宙戦艦ヤマトの設定と似てるような気がします。
カイロに住んでいる人たちは、14万8千光年のかなたまで行かなくても、ここに来れば癒されそうです(^_^)

 

とても立派な海岸道路。これでも夏のシーズンには大混雑するそうです。

Alex4


 

世界の七不思議のひとつファロス灯台の跡だという要塞。紀元前300年ころに作った灯台だそうです。

Alex2


 


Alex3

|

« イスカンダルへ。。。 | トップページ | イスカンダルへ。。。 Part3 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
紀元前300年ころの灯台とは思えない立派な建物ですね。
イスカンダルまで14万8千光年だったのですね。
ぜんぜん覚えていませんでした。(^^)ゞ
宇宙戦艦ヤマトは見ていたと記憶しているんですが・・・。
海岸線を走る立派な高速道路、いいですね。
今は無料なんでしょうか?(笑)

投稿: NIMITZ | 2010年8月19日 (木) 19時52分

ここはクレオパトラの都ですね。
あの死の谷などの砂漠地帯から来ると、本当に楽園のように見えますね。

イスカンダルという言葉の面白さも改めて知りました。
確か宇宙戦艦ヤマトの異星の名前は、インドの地名から取ったと聞いたのですが、こちらだったのですね。

投稿: 模糊 | 2010年8月20日 (金) 08時18分

NIMITZさん

紀元前300年に作った灯台の「跡」でして、
灯台そのものは、「あとかた」もありません(爆)
昔から大切な港だったんでしょう。この道路は無料です。

イスカンダルはとても遠いので、ワープが必要な設定だったんですね。
14万8千光年はネットで確認しました。

投稿: torotorotorori | 2010年8月21日 (土) 09時35分

模糊さん

内陸の砂漠から来るとまさに別世界です。
気候が違いますし、雰囲気もヨーロッパの香りがします。

>確か宇宙戦艦ヤマトの異星の名前は、インドの地名から取ったと聞いたのですが
いろんな星が出てくるので、インドの地名も使っているかもしれません。
ただ、敵のドメル将軍がロンメル将軍だったりと、エジプトや北アフリカ戦線をイメージしている例が多いみたいです。

投稿: torotorotorori | 2010年8月21日 (土) 09時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスカンダルへ。。。 Part2:

« イスカンダルへ。。。 | トップページ | イスカンダルへ。。。 Part3 »