« イスカンダルへ。。。 Part2 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳 日帰り登山 »

2010年8月20日 (金)

イスカンダルへ。。。 Part3


新しいものと古いものが同居しているアレキサンドリアでした。



紀元前300年ころにプトレマイオス1世により作られて、ユークリッドやアルキメデスが研究したというアレキサンドリア図書館は、前衛的なデザインでよみがえっています。

Alex8



Imgp3836



 

Alex10



こちらは古いものの代表、ポンペイピラー。図書館の柱で、かつては数百本あったそうですが、今ではポツンと1本だけが残っています。

Alex11

 

 

この柱が数百本…当時はどんな風景だったんでしょう。

Alex12

エジプト特集第2部は今回で終了です(@^^)/~~~

 


 

|

« イスカンダルへ。。。 Part2 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳 日帰り登山 »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
図書館には見えない斬新な建物ですね。
昔の図書館もどんな建物だったのか見てみたかったものです。
それにしても古いのと新しいのとの違いが大きすぎますね。
エジプトって結構豊かな国のようですね。

投稿: NIMITZ | 2010年8月20日 (金) 22時04分

NIMITZさん

エジプトはさすが4大文明発祥の地だけあって、豊かな歴史を持つ大国です。
ナイル川と地中海という自然の恵みに育まれたんでしょうね。
乾燥した気候と石造りの文化なので、古代の遺跡がたくさん残っているのも素晴らしいです

投稿: torotorotorori | 2010年8月21日 (土) 09時53分

こんばんは。
これが紀元前の建物ですか。
現在の技術によって復元されたとはいえ、近未来的な凄いデザインにびっくりしました。

>14万8000光年
今日ブログに載せた大マゼラン雲がまさに同じような距離です。
銀河系の外ですね。(笑)

投稿: 夜空 | 2010年8月21日 (土) 20時10分

夜空さん

オリジナルの図書館はそれなりのデザインだったと思います。
wikipediaでちらっと見ました。

14万8千光年…やっぱりワープが必要ですね

投稿: torotorotorori | 2010年8月22日 (日) 09時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスカンダルへ。。。 Part3:

« イスカンダルへ。。。 Part2 | トップページ | 鹿島槍ヶ岳 日帰り登山 »