« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

アフリカのビール

アフリカ、といっても東アフリカのビールですが、「いかにも」というラベルが多くて楽しいです。
ラベルを見ながら飲むと、一段とおいしいような気がしますbeer


1





3





5

こちらもどうぞ↓

続きを読む "アフリカのビール"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

動物王国

ナイロビ国立公園は小規模ですが、サファリの魅力の一端はわかりました。
自分が草食系のせいか、肉食獣に出会えなかったのは残念です。いつの日か、本格的なサファリを訪れてみたいものです。


22





こちらの動物は、なぜかポーズをとってくれます…そんなわけないか(爆)

23







24






私にはこのシーンがとどめでした。この世の楽園かと…

25

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

シマウマの魅力

シマウマは肉食獣から身を守るために集団で行動するようです。
こちらにお尻を向けていることが多かったですが、偶然水場に向かう群れに出くわしました。


分身の術?

Imgp6157




一列になって進むんですね。

20





ポートレート(笑)

Imgp6170




通り過ぎて行きました。

21


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

ナイロビ国立公園 Part2

小高い丘の上から見る大草原clover

Imgp6103




注意書きflair

Imgp6102




300mmでも点のようです。
この辺りは緑色になっていて水場じゃないかと思います。

Imgp6109


 

下りて行くと…

Imgp6143



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ナイロビ国立公園

空港のすぐそばにあるナイロビ国立公園、飛行機の時間待ちにちょっと寄ってみました。
ケニアの国立公園の中では一番小さい方ですが、それでも100km2以上あるというから驚きです。

大きな国立公園は四国くらいの面積があるとか…

Imgp6062

 


角がねじくぎのようですhappy01

Imgp6068




Imgp6074






Imgp6096



DA55-300は、440gと標準ズーム並みの軽さですが換算450mmありますから、旅のお供にもってこいです。K-7ではボディ内手ぶれ補正も効きます。AFは遅いし迷うこともありますが、超望遠がその場にあるだけでありがたいので贅沢は言えません。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

ナイロビの治安

ケニアの首都ナイロビの治安はとても悪いといわれています。
ガイドブック(地球の歩き方’10-’11)を読むと、よほど気合が入っている人以外は行く気が失せてしまいそうですcoldsweats02

たとえば、

「ナイロビの治安は昼夜を問わず著しく悪化しているため、タウン中心部以外は昼間でも決して歩かないでほしい

「用事もないのに出歩くことは絶対避けてほしい。ナイロビでは殺人は決して稀な事件ではないのだから」

「明確な目的がない限り、たとえ昼間でも、全ての公園には行かないようにしよう」

「ダウンタウンには…いつ、どこで強盗、殺人事件が起こっても不思議ではない非常に危険な地域だ。特に旅行者も在留邦人も絶対行ってはいけない

といった具合です。

世界のいろんな国に行きましたが、ガイドブックにここまで書かれているところは初めてですので、大変警戒して移動しましたsweat01



近代的なビルも多く、見た目には普通の都市と変わりません…

1

 


市内中心部。緑の多い街です。

2

 


ジャカランダの花。市内のいたる所で咲いていました。

3



ガイドブックにそこまで書かれると、車の窓を開けて写真を撮るのもためらってしまいましたので、ろくな写真がありませんorz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

アフリカだ ジャングルだ

タイトルを見て何のことかわかるのは、団塊以上の方でしょうかflair
昭和30年代テレビ草創期の人気ドラマ「少年ケニヤ」主題歌の冒頭フレーズです。

お聞きになりたい方はこちらをどうぞ → http://www.youtube.com/watch?v=CjloYd675DY

このフレーズや、「ジャングルの王者ターザン」の呼び名から、私は長い間、アフリカっていうのは密林におおわれているんだなぁというイメージを持っていました。
実は熱帯雨林はほんの一部で、アフリカの大部分は砂漠やサバンナなんですね。



ナイロビの宿から眺める夜明けの空。

100





窓から右の方を見てみると驚きの光景が…

続きを読む "アフリカだ ジャングルだ"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ダブルス決勝

シングルス決勝のあと、ダブルス決勝を見て行きました。
ノーシード同士の決勝でしたが接戦でタイブレークまで進み、見ていて面白い好ゲームでした。
試合はノー・アドバンテージ制です。


暗くなってきたので、エクステンダーは外してF2.8の開放で撮りました。

54






55





56




タイブレークに入りました。

58




喜びを爆発させるチェコの優勝ペア。
とても初々しかったですheart02

59

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

白レンズの魅力

試合の観戦はちょっとお休みして、もう一つ気になるカメラマンの機材を取材ですcamera


こうしてみると、キヤノンのサンニッパ、ヨンニッパ、70-200Lが多いです。
7割くらいが白レンズの雰囲気ですね。
D3の登場で一時ニコンも増えていたようでしたが、どういうわけかキヤノンが盛り返した感じです。

51






白レンズを持った女性カメラマンが気になりましたheart04
これはサンニッパでしょうか。コートサイドから撮ったらどんなショットになるのかなと思います。
プレーというより、選手の表情をとらえるんでしょうね。

50

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

瞬間をとらえる その2

ラケットにボールがくっついた2枚。
上は単写、2枚目は連写で撮ったものです。多分にまぐれですcoldsweats01

観客席から撮ると背景の整理がなかなかできません。
今度はベースライン方向から狙ってみようかな… でも、試合はサイドライン方向から見た方が面白いので困ったbearing
 
36






38




これだけ速い打球ですので、最近はカメラを使った判定も採用されてます。

39




こちらのケース、ボールの落下点とラインの距離はミリ単位でした。
このきわどさですから、肉眼では無理ですよねcoldsweats02

41




ウォズニアッキが審判に長い抗議をしてました。
日本の観客はこういうときおとなしいです。しんとしてました。
私はこのシ-ンを見ながら、1999年の全仏決勝でヒンギスが長い抗議をして観客から大ブーイングを受けグラフに逆転負けし、その後一度もグランドスラムに勝てなかったことを思い出していました。

42

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

瞬間をとらえる 東レPPO決勝

球技の撮影ではボールを画面に入れるのが鉄則なのですが、これがなかなか難しいです。
テニスの場合、サーブは選手のタイミングに慣れると単写も可能ですが、ショットの方はもっと難しいです。
初めのうちはショットを単写で写そうとしていたのですが、途中からあきらめて連写に切り替えました。

ウォズニアッキのフォアtennis

32



8コマ/秒の連写でもボールが写っているのはこの1コマだけですので、単写でボールを入れるのはとても難しいです。

33





34




35




デメンティエワのフォア

28





29




珍しく2コマにボールが入りました。緩いボールだったんだと思います。

30





31


全てノートリミングですgood

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

ウォズニアッキ 東レPPO決勝

世界ランク2位のウォズニアッキを見るのは初めてです。

13_2





14_2





15_2






16_2





17_2

トスで目いっぱい体を反らせています。体が柔らかいですね。
28歳のディメンティエワが剛、20歳のウォズニアッキが柔という感じでした。



24

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

デメンティエワ 東レPPO決勝

久しぶりにテニスを見に行きました。7Dの連写を試すのも楽しみです。

今年の東レPPO決勝は世界ランク10位のデメンティエワ対世界ランク2位のウォズニアッキという豪華な顔ぶれ。左がデメンティエワ、右がウォズニアッキです。(真中はコイントスをした小学生チャンピョン)

1




手足が長くかっこいいですheart04

2




3





4

(高速連写、レンズは70-200F2.8LIS2に×1.4エクステンダー)




重心の低いバックストローク、素晴らしいです。

8






9





10_2

細く見える手足も良く見ると筋肉がすごいですねsweat01



第1セットのデメンティエワは、フォア、バックともショットが良く伸びて圧倒的でした。

12

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

彼岸花 ~マクロ

今度はマクロで狙ってみました。
違う世界が現れました。

 

15






16




普通に撮ることも。
マクロレンズは楽しめます。

17






18_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

彼岸花 ~広角ズーム

今回はEF-S10-22での撮影です。
彼岸花が満開でしたが、公園は人が少なかったです。

10






11



これはライブビューで撮りました。

13





14

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

彼岸花 ~望遠ズーム2

SILKYPIXの記憶色2を使ってみました。
色が深くなります。

6





7






Photo





お笑いも…

Photo_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

彼岸花 ~望遠ズームで

ちょっと時間があったので、遅ればせながら彼岸花の撮影に行ってきました。
場所は、nama3さんのブログで拝見した小石川後楽園です。
た~くさんの彼岸花が咲いてましたtulip
レンズを交換しながら撮影を楽しみました。今日は望遠ズーム編です。


1






2






3






4






 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

山の写真展

山の写真展を見に行きました。無料というのがいいですね。
全日本山岳写真協会の主催です。
山好き、写真好きのたくさんのお客さんで賑わってました。

いい写真が多くて、私は会場を2回りしましたnote

5





作品を写すわけにはいかないので、カメラはここまでです。すいませんpaper
撮影地はやはり日本アルプスが多かったです。

海外の山の写真もありましたが、見比べると、正直なところ日本の山はスケールが小さいのを痛感します。日本の山を撮るのには、雲や花、雪面など何かアクセントを加えるのがいいかなぁと思いました。写真がどうというより、登山の対象として見た時に難易度が全然違うんですね。それだけに、日本の山はだれもが楽しめるとも言えるのですが…

8




たとえば…
「日本のマッターホルン」と呼ばれる槍ヶ岳(笠ヶ岳から)
北アルプスのシンボルですが、岩峰部分の標高差は約100mです。

Img_3981




本家マッターホルン(昔撮った写真をスキャンしました)
岩峰の標高差は1200mくらいありますsign03

Img_0002

 


会場の東京芸術劇場。面白いデザインです。

6






 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »