« ウォズニアッキ 東レPPO決勝 | トップページ | 瞬間をとらえる その2 »

2010年10月14日 (木)

瞬間をとらえる 東レPPO決勝

球技の撮影ではボールを画面に入れるのが鉄則なのですが、これがなかなか難しいです。
テニスの場合、サーブは選手のタイミングに慣れると単写も可能ですが、ショットの方はもっと難しいです。
初めのうちはショットを単写で写そうとしていたのですが、途中からあきらめて連写に切り替えました。

ウォズニアッキのフォア

32



8コマ/秒の連写でもボールが写っているのはこの1コマだけですので、単写でボールを入れるのはとても難しいです。

33





34




35




デメンティエワのフォア

28





29




珍しく2コマにボールが入りました。緩いボールだったんだと思います。

30





31


全てノートリミングです

|

« ウォズニアッキ 東レPPO決勝 | トップページ | 瞬間をとらえる その2 »

EOS7D+EF70-200F2.8LISⅡ」カテゴリの記事

×1.4エクステンダー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
女子選手とはいえ世界レベルのボールの速さは速いんでしょうね。
それを写すのはタイミングとそのスポーツを知らないと出来ないでしょうね。
お見事です。

投稿: 100-400IS | 2010年10月14日 (木) 23時31分

こんばんは。
テニスの試合でボールを撮影するのは至難の業でしょうね。
サッカーだったらできそうですが、面積が広すぎます。
男子テニスに試合だと、ボールが見えませんからね。
特にファーストサーブをよくレシーブできるものだと思います。
動体視力ってやつなのでしょうか?

投稿: NIMITZ | 2010年10月15日 (金) 05時55分

こんばんは。
毎秒8コマでもボールが枠にはなかなか入らないものなのですね。
野球のようにバッターがじっとしているものと違うので難しさが倍加するのでしょうか。

投稿: まつきんサンバ | 2010年10月16日 (土) 01時02分

100-400ISさん

エバート、ナブラチロワの時代とは違いますからね。
ウイリアムス姉妹やダベンポート以後の女子テニスは昔とは異次元の世界になってます。
私はヒンギスくらいのプレーが好きなんですけど

投稿: torotorotorori | 2010年10月16日 (土) 06時51分

NIMITZさん

サーブは簡単ですが、ショットは難しいです。
ファインダーをのぞきながら、相手が打った音を聞いてタイミングを予測するんですけど、
なかなかぴったりとは行きません。
どんなスピードの球が来るから分かりませんからね

投稿: torotorotorori | 2010年10月16日 (土) 06時53分

まつきんサンバさん

ビデオ撮影は禁止なので、どのくらいの速さの連写なら確実に写せるのかは分かりませんが、多分秒20コマくらいあれば楽に入れられるのかなと思います。
ベースラインの打ち合いはプレーヤーの位置がそれほど動かないので大丈夫です。
ネットプレーはとたんに難しくなります。

投稿: torotorotorori | 2010年10月16日 (土) 06時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間をとらえる 東レPPO決勝:

« ウォズニアッキ 東レPPO決勝 | トップページ | 瞬間をとらえる その2 »