« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月29日 (土)

カルナック神殿

紀元前2000年の昔から長い間エジプトの都だったテーベに建造されたカルナック神殿は、エジプトの古代遺跡の中でも精華ともいえる遺跡です。ルクソ-ルにあるので、歴史に疎い私はルクソール神殿がメインなのかと思っていましたが、逆なのでしたcoldsweats01
世界最大の神殿遺跡だという話もあります。


入り口にあるアムン大神殿の模型。他にも神殿がありますが、これが最大のものです。
実際に中に入ってみると、とても大きくて構造は良くわかりません。

K1



入り口の両側にはスフィンクスが列を成しています。

K2




優しそうな顔をしていますが、それもそのはず頭はライオンではなくて羊です。アムン大神殿の守り神が羊なんだそうです。

K3




右側に立っているのは、紀元前1200-1300年ころの王様ラムセス2世。この方は90歳以上まで生きて100人以上の子供(一説に180人とか!?)をもうけたという絶倫な方happy01
いたるところに神殿を作り、自分の像を建てまくったとても自己顕示欲の強い王様ですが、エジプトの観光に偉大な遺産、子孫に飯の種を残したといえますね。
戦争にも強かったそうで、国のリーダーとしては申し分ないんでしょう。

K4

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

ハトシェプスト女王葬祭殿 Part2

魅力的なレリーフがたくさん残っています。

H12




牝牛の形をしているのがハトホル女神

L11







L12




こちらもハトホル女神です。

H13




予習をしていかなかったのとあまりの暑さのため、貴重なレリーフを大分見逃しましたorz
H11

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

ハラハラ・ドキドキのアジアカップ

準決勝の韓国戦、あんまりうれしくて思わず記事を書いてしまいましたhappy01

ハラハラドキドキの面白い試合でしたね。

左サイドを鋭く切り裂いての前田の同点シュートは最高に気持ちよかったですしgood
2点目は、PKで先取点を許したののお返しのようで…

延長後半は押されっぱなしで守りきれるかな~とハラハラしながら見ていたら、終了直前の同点ゴールでPK戦に。
思わずワールドカップのPK戦の悪夢を思い出してしまいましたが…

守護神川島やってくれました\(^o^)/

日本チーム、ずいぶん強くなりましたね。


写真はワンパターンですいません。
これしかないので(爆)

01048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

ハトシェプスト女王葬祭殿

冥界の支配者、オシリス神の像。

H5




顔はハトシェプスト女王だそうですが、頬にはかすかに色が残っていました。

H6



ナイル川の洪水の神様、ハピ神らしいです。
古代エジプトには魅力的なキャラクターがたくさんいます。

H7




右の柱にあるのはハトシェプスト女王の夫、トトメス2世のカルトゥーシュ。
強烈な日光を浴びながら3000年の時を経て残っている遺跡って、本当にすごいと思います。

H8

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

エジプトの巨大遺跡

突然ですが…今日からエジプト第3部となります。

エジプト第3部は、ナイル川の中上流に広がる巨大遺跡を紹介します。

エジプトの巨大遺跡というとまず頭に浮かぶのは、第1部で紹介したギザのピラミッドとスフィンクス。
そして、ルクソールからアブシンベルにかけての巨大神殿です。
ナイル川中上流の神殿は、紀元前1200年から1500年にかけての新王国時代に建造されたものですので、今から3000年以上前ということになります。
 

第1回はルクソール西岸のハトシェプスト女王葬祭殿。
とても変わった名前のこの方はエジプト初の女王だそうです。


飛行機から見るナイル川中流。
川の両側だけが緑で外側は砂漠…ナイル川は偉大です。

H1




岩山をバックにして建てられたハトシェプスト女王葬祭殿。近代建築と見まがう斬新な姿ですshine
ここは1997年にルクソール事件の悲劇があったところでもありますweep

H2




日陰や緑は一切ないので、恐ろしく暑いところですsweat01
それにしても3500年前にこの建築…すごい古代文明ですね。

H3




ホルス神の目元には当時の色がかすかに残っています。

H4

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

石神井公園 Part2

石神井公園には二つの池がありますが、三宝寺池の方は自然そのものですね。

16





6





18






20





21





22



素晴らしいところですgood

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

石神井公園

もう先月になりますが、lin_gonさんが紹介されていた石神井公園に行ってきました。
子供の頃ボートを漕いだ遠い昔の思い出はあるのですが、その後は一度も行っていませんでした。

12






13






14





15


ここは、都会の真ん中とは思えない自然の宝庫でしたhappy01




| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

大雪が来ました

今シーズン2回目の大雪が来ましたsnow
雪の降りだしは遅かったですが、久しぶりの大雪シーズンのようです。

一晩で50cm積もりました。

11





15





12



雪下ろし

13





16



新雪を蹴立てて列車がやってきましたtrain

17



先週末も強力な寒波が来て、東京でも久しぶりの氷点下になりましたsnow

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

スキー場を考える Part3

スキー場をめぐるもう1つのテーマは、オフピステとかコース外滑走とか言われるものです。
圧雪されたゲレンデから外れて新雪を滑りたいのは、スキーヤーもボーダーも同じです。

この扱いに欧米と日本では大きな違いがあるようです。
欧米は、ここから先はエキスパート向けと表示したうえで 「at your own risk」 という立場。
日本は、一言「立ち入り禁止」という立場です。
テレビ朝日で最近の八方尾根を写していましたが、コース外に行く人が多いので鉄の柵を立ててそれでも行く人はリフト券没収だそうです。


カナダのスキー場。
ブラッコム氷河へ下降する地点です。

1_3




色々危険があると書いてありますが、立ち入り禁止とは書いていないのでした。

Photo_2





下りるのはこちら。この先はゲレンデとはほど遠い山スキーそのものの世界です。

4_2





紹介したのはSpanky's Ladderというルートですが、リフト乗り場にOpen/Closedというサインが表示されていました。
これにはさすがにびっくり!
天候悪化や雪崩の危険がある場合はクローズにしますが、それ以外はオープンということです。スキー場が最低限のリスク管理をして、あとはお客さんに任せるということですね。

3_2


文化の違いは大きいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

スキー場を考える Part2

赤倉スキー場のお客さんの流れを見ていると人が集まるのは、この2か所です↓

☆駐車場に隣接してゴンドラステーションと高速リフト乗り場があるホテルゲレンデ(これは幅広いスキーヤー、ボーダーが来ます)

                         と

☆圧雪車が入らないホテルAコースとチャンピオンAコースが新雪状態の時(新雪フリークのスキーヤー、ボーダー上級者が来ますが、多くの人が滑って新雪がなくなると人の数は激減)


比較的お客さんが集まるホテルゲレンデ

7_2



こういう強みを持ったゲレンデには人が集まりますが、それ以外は閑古鳥状態でした。

それにつけても残念なのは、昨シーズンからチャンピオンの最上部のリフトが休止してしまったこと。
新雪がたっぷりなのに滑ることができませんweep5_2

他のスキー場でも、黒姫のように上部のリフトを休止してしまうところがあるのですが、せっかくの強みを活かすことができず、全体的に減っているなかで続けているコアなスキーヤー、ボーダーを呼び込むことができなくなってしまうのでは?と思います。


赤倉は魅力的なスキー場として是非残って行ってほしいものです。
(斑尾山の向こうは志賀高原方面)

10

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

スキー場を考える Part1

今日は、このブログには似合わない難しいタイトルをつけてしまいました。
まずは、スキー場の美しい景色からどうぞ。

雪がやんで青空がひろがりましたsun

1





2





3




6



ここは3連休の赤倉スキー場。いいお天気で雪は質量とも文句なし。

しかし、いかにも人が少ないのでした。

続きを読む "スキー場を考える Part1"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

岩鞍スキー場の魅力~急斜面

岩鞍のもう一つの魅力は急斜面です。
全体的に急斜面が多いですが、中でもエキスパートコースとリーゼンコースは急です。


正面から見たリーゼンコース。中央はモーグルバーンになっています。
この年になって初滑りで行くのはいくらなんでも無謀なので、回避しました(笑)

7




西山のブナの木コース。傾斜はそれほどではありませんが、コブは結構深かったです。
ここも中央はモーグルバーンになっていました。
(動画からの切り出し)

N8





N1






N2





N3





N4

パウダーの時に行きたい斜面ですsnow


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

岩鞍スキー場の魅力~ロングクルージング

スキー場に欲しいのは、大自然の景観と長いクルージングコースです。

岩鞍は景色が素晴らしいし、何よりコースがいいのでお気に入りです。
岩鞍ではゴンドラの標高差が600m以上あって、適度な斜度のコースがたくさんありますが、なかなかこういう条件がそろったスキー場はありません。安比、八方尾根、奥志賀・焼額と同じような魅力がここにはあります。



右から国体男子コース、国体女子沢コース、リーゼンコース。どれもかなりの斜度があって一気に滑るのにいいです。
裏側の西山ゲレンデは林間コースで、雪質、雰囲気がGoodです。

14





広々としてクルージングにいい国体女子西山コース
(動画からの切り出しです)

15





16





17





18

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

スキー場のお餅つき

ひと滑りしてお茶にしようと下りていくと、ちょうど餅つきが始まるところでした。
なんとタイミングがいいんでしょう…早速の大吉効果かもしれません(笑)


8





9




人が集まってきました。

10




気がつくとテントの前に行列ができていました。

11




お雑煮がふるまわれますhappy01

13




つきたて御餅の雑煮を頂きましたnote

12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

スキー場に行こう!

温暖化のせいで、スキー場のシーズンインはだんだん遅くなっているような気がします。
昔は11月中頃に天神平で滑ったこともあったのですが…

今シーズンも12月20日過ぎまで雪のないスキー場がほとんどでしたが、
年末の大雪で各スキー場で全面滑走可能になりました。
今シーズンの初滑りは尾瀬岩鞍。関東では最大のスキー場で滑りごたえ十分です。


朝一のゴンドラで上がると武尊山が目の前にnote
晴男の力は今年も衰えていないようです(笑)

3



日光白根山も見事ですshine
岩鞍は何回も来たことがあるのですが、こんなに素晴らしい展望とは気がつきませんでした。
むかしはものをおもはざりけり…ですか。

6




ゴンドラステーション前。
人の数は少ないです。ゴンドラ待ちは最大で5分くらいでした。

4




リフト待ちはゼロ!
これでお正月とはとても信じられません。

5




すいたスキー場で存分に滑るチャンスです。
スキーヤーもボーダーもスキー場に行きましょうup

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

うさぎ年

今年も元気にぴょんぴょん飛び跳ねる年になりますようにup

1


おみくじを引いてみると…

続きを読む "うさぎ年"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

新年おめでとうございます!

良い一年となりますようにshine

Photo

                                               (クリックすると大きくなります)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »