« ハトシェプスト女王葬祭殿 Part2 | トップページ | 祈り »

2011年1月29日 (土)

カルナック神殿

紀元前2000年の昔から長い間エジプトの都だったテーベに建造されたカルナック神殿は、エジプトの古代遺跡の中でも精華ともいえる遺跡です。ルクソ-ルにあるので、歴史に疎い私はルクソール神殿がメインなのかと思っていましたが、逆なのでした
世界最大の神殿遺跡だという話もあります。


入り口にあるアムン大神殿の模型。他にも神殿がありますが、これが最大のものです。
実際に中に入ってみると、とても大きくて構造は良くわかりません。

K1



入り口の両側にはスフィンクスが列を成しています。

K2




優しそうな顔をしていますが、それもそのはず頭はライオンではなくて羊です。アムン大神殿の守り神が羊なんだそうです。

K3




右側に立っているのは、紀元前1200-1300年ころの王様ラムセス2世。この方は90歳以上まで生きて100人以上の子供(一説に180人とか!?)をもうけたという絶倫な方
いたるところに神殿を作り、自分の像を建てまくったとても自己顕示欲の強い王様ですが、エジプトの観光に偉大な遺産、子孫に飯の種を残したといえますね。
戦争にも強かったそうで、国のリーダーとしては申し分ないんでしょう。

K4

|

« ハトシェプスト女王葬祭殿 Part2 | トップページ | 祈り »

K-7 + DA18-55WR」カテゴリの記事

コメント

 やはり、エジプトは、一度は行ってみたい
ところですね。今流れているニュース、ちょ
っと心配ですが・・こういうスケールの大き
な遺跡、この場所で、この空気に触れるとま
た全然違うような気がします。

投稿: nama3 | 2011年1月29日 (土) 21時29分

nama3さん

エジプトの遺跡は必見ですね。
世界遺産中の世界遺産といいますか…
現在は治安が悪化しているので当分観光は無理だと思いますが、
状況が落ち着いたら是非お勧めします。

投稿: torotorotorori | 2011年2月 2日 (水) 04時50分

こんにちは。
2月2日の記事は、もしかして現地にいらっしゃるのですか。
混乱で遺跡などが壊れなければ良いですね。
もちろん混乱が早くおさまってくれると良いのですが。

投稿: 100-400IS | 2011年2月 2日 (水) 23時12分

こんばんは。
まさかエジプトへ行っていらっしゃったのではないですよね。
立派なビルが無残な状態になっていますね。
やはり国民の民主化への気持ちは強いようです。
中東各国はこの民主化運動が飛び火するのを恐れていますね。
このような事件をみると日本はいい国なんだなぁと感じます。

投稿: NIMITZ | 2011年2月 3日 (木) 00時48分

100-400ISさん

たまたまエジプトにいて、デモに出くわしました。
ここまでの規模になるとは予想していなかったので驚きました。
エジプトの遺跡はまさに人類の遺産ですので、破壊されないことを祈りたいです。

投稿: torotorotorori | 2011年2月 3日 (木) 21時45分

NIMITZさん

たまたまエジプトにいて、デモに出会いました。
国民の間にたまった不満は、私たちには想像つかないような大きなものだったようです。
盛者必衰の理だとつくづく感じます。

投稿: torotorotorori | 2011年2月 3日 (木) 22時10分

こんばんは。
ひょっとしてまだエジプトにいらっしゃるのでしょうか?
私は天安門を間近で経験しているので他人事とは思えません。
私の友人の妹さんも今、空港で足止めを食らっているのですが、とにかく早く脱出を考えてください。

投稿: まつきんサンバ | 2011年2月 4日 (金) 01時27分

まつきんサンバさん

ご心配いただきありがとうございます。
ハラハラしましたが何とか脱出できました。
天安門の時は日本でテレビを見ていましたが、
こういう出来事に出くわすとは思いませんでした。
歴史が動くときはすごい速さで動くんだなと感じます。

投稿: torotorotorori | 2011年2月 4日 (金) 07時47分

torotorotororiさん

次の写真を見てびっくり
ご無事で何より

投稿: prisoner6 | 2011年2月 5日 (土) 17時59分

prisoner6さん

ありがとうございます。
日本の日常では想像できない緊張感でした
その国の内情は外国人にはわからないということを痛感しました。

投稿: torotorotorori | 2011年2月 5日 (土) 18時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルナック神殿:

« ハトシェプスト女王葬祭殿 Part2 | トップページ | 祈り »