« 玉川上水の鳥 | トップページ | 蓼科の鳥 ☆2 »

2011年4月24日 (日)

蓼科の鳥

シリーズ3回目は蓼科の鳥です。
いろんな鳥がいましたが野鳥撮影の予定ではなかったので、レンズは100Lマクロしか持っていませんでした。

ですので、大幅なトリミングをしていますorz

マミチャジナイという変わった名前でツグミの仲間だそうです。眼の周りが特徴です。

(追記)
マミチャジナイではなくて、ガビチョウというご指摘を頂きました。

Img_0506






Img_0510




シメ。くちばしの形のせいか、きつい表情に見えますね。

Img_0529






Img_0504




ますます花鳥風月の世界に入ってきました

|

« 玉川上水の鳥 | トップページ | 蓼科の鳥 ☆2 »

EOS7D+EF100F2.8LIS」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「マミチャジナイ」とは聞いたことがない鳥の名前ですね。
北海道の地名のような名前です。
東京近辺にもいろいろな鳥がいるものですね。
昔の光化学スモッグの時代はどうだったのでしょうね。
釣りのように早朝から晩まで一箇所で観察撮影するのもいいかも。
私にはできそうもありせんが。(笑)

投稿: NIMITZ | 2011年4月24日 (日) 16時54分

NIMITZさん

ネット検索していたら、マミは眉でチャは茶、ジナイは??と書いてありました。
本当はどうなんでしょう?
東京で自然が戻ってきたというと、隅田川が代表ですかね。
昔は悪臭がひどかったですが、今は魚が結構泳いでいるそうです。

>一箇所で観察撮影するのもいいかも。
野鳥園にはそういう場所があるそうです。
私も根気は0ですので、難しいです(笑)

投稿: torotorotorori | 2011年4月24日 (日) 18時48分

 こんばんは。
シメは良く見かけますが、1枚目、2枚目に写っている
鳥は、初めて見ました。こういう鳥が撮れるとだんだん
深みに填りますよね。超望遠も欲しいなあ、なんて。

投稿: nama3 | 2011年4月24日 (日) 23時35分

おはようございます。
torotorotororiさんも、すっかり鳥さんにハマッてしまいましたね(笑)
中々、撮らせてもらえない鳥は、撮れたときの嬉しさは大きいですね!
1、2枚目の鳥は初めて見ました。
下の餌箱のシメから比べると、さほど大きくはないようですね。
鳥も種類が多くて楽しいですね!

投稿: umajin | 2011年4月25日 (月) 04時52分

nama3さん

名前は詳しい方に教えていただきました。
結構珍しい鳥なのでしょうか?
眼のあたりが面白い模様です。
はまっちゃいそうです(大汗)

投稿: torotorotorori | 2011年4月25日 (月) 20時16分

umajinさん

そうなんですよ
名前が分かると面白くなりますね。
野鳥は小さくて撮りにくいので、撮れるとうれしいと思います。
どうしても長玉が欲しくなりますが、EF100-400までで抑えておきます(キッパリ)。

投稿: torotorotorori | 2011年4月25日 (月) 20時20分

こんばんは。
マミチャジナイ、ですか。とても変わった名前ですね。
100mmでトリミングしてもとても鮮明ですね。こういう動物のお写真を拝見するととても癒されます。

投稿: まつきんサンバ | 2011年4月27日 (水) 02時09分

まつきんサンバさん

マクロですが、一応Lレンズですので遠くもそれなりなのかと思います。
鳥はどうしてもトリミングになるので、高画素のカメラが有利ですね。
日本ではなかなか野生動物を撮るのは難しいので、野鳥が被写体として魅力あるのかなぁとも思います。

投稿: torotorotorori | 2011年4月27日 (水) 08時23分

マミチャではなく「ガビチョウ」です。

投稿: 通りすがり | 2011年5月 7日 (土) 09時28分

通りすがりさん

ありがとうございます。
私はここにいた方に聞いたので、全然自信ありません。

投稿: torotorotorori | 2011年5月 7日 (土) 11時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科の鳥:

« 玉川上水の鳥 | トップページ | 蓼科の鳥 ☆2 »