« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

この夏の海

節電の夏といわれる今年の夏。
海にざぶんと入って涼みたいところですが、浜の人出は少ないそうです。
岩手、宮城、福島の3県で利用できる海水浴場は1か所だけとか。

千葉の海でも人出はめっきり落ち込んでいるそうです。


外房、鴨川の海wave

4

 




1

 




2

 


 

日蓮上人の化身という鯛。元気に泳いでいましたfish

3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

恵那山 ☆3

標高が低いので花を見るのはもっと早い時期がいいようです。今回はほとんど咲いていませんでした。
下山中にようやく見つけたのは…

センジュガンピでは?

20

 



22

  


ニガナの仲間でしょうか?

21

  




25


 
 

登山口に戻りました。

27

 



駐車場までの帰り道、夏山の雰囲気があんまり気持ちよくて、何十年も歌ったことのない山の歌が自然に口をついて出てきました。こんなことは初めてかもしれません。やっぱり山はいいですね。

26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

恵那山 ☆2

頂上は森の中、2190mの標高なので森林限界を超えていません。
何はともあれ、久しぶりの100名山追加です。

9

 



頂上には展望台がありますが、ここに登ってもそれほど視界は変わりません。

8

 



三角点から10分くらいのところにある避難小屋

11

 



中は快適そうです。

12

 


山頂にある恵那神社。
登山の安全をお祈りしました。

14

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

恵那山

中央アルプスの南端にポツンと離れた恵那山。
北アルプスや南アルプスから遠望するだけのはるかな山でしたが、ようやく登ることができました。


入山は最短コースの広河原から

1

 


丸木橋を渡って登山開始

2

 


どのくらい登ったかわかりやすいです。

3

 



 

1700mを超えると笹原になって展望が開けます。

5

 


緑がいっぱい

6

 


あと少しdenim

7


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

秋田駒 ~その5

秋田駒の最終回です。


男岳の方への登り返しには、シラネアオイがたくさん咲いていました。

Imgp0234

 


朝見た山ガールのお二人も同じルートを通ったようです。
このあたりは、7月下旬に一面のニッコウキスゲになるところです。

Imgp0240

 
 


 

ミヤマウスユキソウ。
数は少なかったのでうっかりすると見落とすところでした。

Imgp0244

 


ゴゼンタチバナ

Imgp0253



 

ズダヤクシュ

Imgp0259



秋田駒、いい山ですnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

おめでとう! そして、ありがとう!

やりました! なでしこジャパン。 泣けました。

先行されては追いついて… 粘りがすごい。
延長終了間際の澤のゴール、神がかってましたね。
PK戦の最後は思わず手を合わせてしまいました。

nama3さんの記事に続けーということで、私もなでしこをアップします。
(南アルプス荒川岳で撮影したタカネナデシコ)

 

Imgp0730_2

 

日本人がワールドカップの優勝トロフィーを差し上げるシーンを見れる日が来るとは…

いいものを見せていただきました。本当に元気をもらいましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年7月17日 (日)

秋田駒 ~その4

秋田駒には見事なコマクサの群落があるのですが、今回は早すぎました。
何とか見つけたのがこれですbud

Imgp0177

 


秋田駒の大きな魅力がここムーミン谷です。

Imgp0172

 
 


チングルマの中の散歩道。とても気持ちのいいところです。

Imgp0191

  



ムーミン谷では楽園に来たような気分を味わいました。

Imgp0200

 

 

かわいいヒナザクラ

Imgp0214

  




Imgp0223

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

秋田駒 ~その3

男女岳
冬に登ったのもこのルートですが、滑降は下から見てここより少し右でした。

Imgp0136

 


チングルマの群落があちこちにありました。

Imgp0109


 

山頂です。up

Imgp0127

 


右に見えるのは男岳。男女岳に比べて険しく冬は手ごわそうです。

Imgp0125

 

 

阿弥陀池が癒してくれます。

Imgp0140

 

高度感が心地いい稜線歩き。

Imgp0158

 

雪渓が残っていましたsnow

Imgp0162


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

秋田駒 ~その2

ひと登りすると、男岳を目の前にする山上の楽園に到着です。

Imgp0059

 


キバナノコマノツメでしょうか?

Imgp0047

 

 

ミヤマダイコンソウが盛りを迎えていました。

Imgp0062

 


ここは、7月下旬になると一面のニッコウキスゲに囲まれた天空の散歩道になります。Imgp0081  



チングルマ、ミヤマダイコンソウ、イワカガミの3色を楽しめます。

Imgp0110

  
 

最高峰の男女岳へと登ります。
Imgp0131

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

秋田駒 ~花の名山

その昔、谷川岳は「近くて良い山」と言われました。
谷川岳では、夜行日帰りで本格的な岩登りもできるので、その通りだと思います。

秋田駒は東京からは遠いですが、登山口から近くて半日あれば冬はパウダースノー、夏は高山植物の宝庫を堪能することができる「近くて良い山」です。
今回は、K-5に単焦点を3本持って出かけました。


奥に見えるのが最高峰の男女岳

Imgp0015   



ハクサンチドリ

Imgp0017

 

山ガールの二人note

Imgp0018

 


乳頭山です。うまい名前をつけたものと。

Imgp0027

 


登山口の8合目で既に森林限界を越えているので、花と展望を楽しみながらのお散歩です。

Imgp0029

 


イワカガミ

Imgp0030

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

ペンタックスQ

新宿を歩いていたら、ペンタックスQのイベントに出会いました。
面白そうなので早速覗いてみることにhappy01

11  



10台以上の展示機があって、並ばずにさわることができました。

10

 
 
 

5分間の時間制限で説明を聞くことができました。

4


 

標準ズームの02を装着したところ。

5

 

ボディはホワイトとブラックです。
お値段を聞いたところ、実勢価格で標準単焦点01のセットで7万円くらい、02のセットで9万円くらいということでした。
センサーサイズはコンデジ並みなので、かなりのお値段だとは思います。

12



ストロボをポップアップup
この形は面白いです。

7

 
 

コンデジに比べてのメリットを質問したところ、レンズ交換ができるのと高感度性能がいいという答えでした。
これはISO6400で撮った画像の拡大で、確かにノイズ感は少なかったです。 

6  




8

 



頂いたクリーナーと原寸大の切り抜き写真。
すごく小さいのが分かります。

9




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

アブ・シンベル神殿 ☆2

 

ラムセス2世がお妃のネフェルタリのために作ったという小神殿。
お妃のための神殿はとても珍しいのだそうで、お妃思いの王様だったのでしょう。
とはいえ、お妃の像は2体で本人の像が4体なんですねcoldsweats01

Imgp6635

 


足元の小さな像は子供たちだそうです。

Imgp6636

 
 

奥が大神殿、手前が小神殿。

Imgp6637

 

1000個以上のブロックに切り分けて移設する工事により保存された2つの神殿。

世界遺産中の世界遺産でしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

アブ・シンベル神殿

ナイル川のはるか上流、スーダンとの国境近くに建設されたアブ・シンベル神殿。
エジプトの巨大遺跡の中でも圧倒的な存在感を持っています。
アスワン・ハイダムの建設により水没の危機にあったのですが、ユネスコの援助で元の位置から60m上に移設されました。


アスワンハイ・ダムによりできた巨大なナセル湖。

Imgp6595

 



この神殿もラムセス2世の作。本当にすごい王様です。
4体ともラムセス2世の像。とても自己顕示欲が強い人だったようです。

Imgp6650

 



人間と比べると大きさが分かります。
これだけ巨大な神殿を内部の部屋を含め分解して移設したというのですから、驚くほかありません。
内部の部屋には素晴らしい彫刻が施されていますが、残念ながら撮影が禁止になっています。

Imgp6604

 




Imgp6615

 


ここにも捕虜のモチーフ。
そもそもこの位置に巨大なラムセス2世の像を建造したのは、辺境の民に対する威嚇だったとか。

Imgp6620

続きを読む "アブ・シンベル神殿"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

ルクソールの夕日

船着き場の夕暮れ

24

 




26

 




25


美しい夕日がナイル川に沈みます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

ルクソール神殿 ☆2

柱や壁に施されたさまざまな彫刻。
生き生きと当時の模様を伝えています。


Imgp4675

 


果物や野菜が豊かですね。

Imgp4685

 


牛のようです。

Imgp4686

 



後ろ手につながれた捕虜
カルトゥーシュはそれぞれの名前でしょうか?

Imgp4678

 


列柱が見事。

Imgp4683 

 

 

あどけなさが残るツタンカーメンとその妻アンケセナーメン。仲むつまじそうです。

Imgp4682


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »