« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

小名浜の朝

朝日を浴びる小名浜オーシャンリゾート

Imgp2045rev

 


照島

Imgp2055

 


海鳥がたくさんいます

Imgp2057

 


美しい海越えショートの16番

Imgp2062  

 


2打目が海越えになる17番

Imgp2070

 


30ヤード打ちおろしの7番ショート

Dsc00180

 

印象的なホールが続くコースですgolf

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

小名浜の港

小名浜の港で漁船が夕日に照らされていましたsun



Imgp2008

 




Imgp2009

 


親亀の上に子亀が乗ったみたいですhappy01

Imgp2011

 

 

ネットで調べたら、巻き網漁船でした。

Imgp2010

 


さんかく倉庫もオープン。これでアクアマリン、ら・ら・ミュウとそろいました。

Imgp2021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

復活! いわき・ら・ら・ミュウ

大津波の被害で休業していた小名浜のいわき・ら・ら・ミュウが11月25日に復活しましたgood

お魚屋さんを中心にレストランやみやげ物屋が集結した物販施設です。

Imgp2000  

 



新鮮なお魚が安い!
お刺身は東京の半値以下でしょうね。

Imgp2003

  



たくさんのお客さんで賑わっていました。

Imgp2007

 

 

近代的な外観

Imgp2019

 

 

数々の応援メッセージ

Imgp2015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

昌德宮 3

女性や子供が暮らしていたスペース

Imgp1608

 



子供たちには一部屋ずつ与えられていました

Imgp1609

 




Imgp1612

 



オンドルを焚くところ
床暖房ですねnote

Imgp1620

 


ふすまを開け放つとずっと向こうまで見通せます

Imgp1623

 



日本語が上手な上にトークが抜群で、笑いをとっていたガイドさん

Imgp1618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

昌德宮 2

王宮ですので立派な調度品が残っています。

Imgp1549

 



Imgp1557

 



Imgp1561

 


くぐると寿命が延びるという門。
くぐってみましたhappy01

Imgp1593

 

 

秘苑とよばれる庭園は池を上手に使っています。

Imgp1597

 




Imgp1607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

チャングムの誓い

昌德宮はドラマ「チャングムの誓い」のロケ地だったそうです。


この池のほとりが舞台になったんだとか。

Imgp1572

 


 

池を見下ろす建物「宙合樓」 は図書館のような役割だったようです。

Imgp1579

 




Imgp1570

 



図書館への入り口に当たる魚水門
立派な門を通るのは王様だけで、普通の人は両脇の小さなドア(?)を通ったそうですcoldsweats01

Imgp1580

 
 

近くによるとなかなか立派な門です。

Imgp1584

 




Imgp1591

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年12月19日 (月)

昌德宮

昌德宮は李氏朝鮮の宮殿で世界遺産に指定されています。


大韓民国最古の門という淳化門

Imgp1520

 




Imgp1528

 


階級別に臣下が並ぶ位置が決まっていました。

Imgp1532


 


屋根の上の造形は中国の故宮と良く似てます。

Imgp1524

 
 

それぞれの意味が分かると面白いのですが。

Imgp1559

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

羽田空港 国際線ターミナル

羽田空港の国際線、大昔に一度乗ったことがありましたairplane
最近になって、ようやくまた羽田を使えるようになりました。

 

広々としてます。

H1

 


このターミナルビルは和風テイストです(謎)H2  

 


 

H3

  


 

黒塀風

H7


 

  

お得な朝のそば定食note

H8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

石神井の自然 ☆2

自然がいっぱいの楽しい昼下がりでしたnote

S32

 




S31

 




S33

 




S34

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

エナガ

石神井公園は野鳥が豊富です。
カワセミのポイントもあって、長玉をセットしたカメラマンが大勢待機してました。

カワセミは撮れませんでしたが、ふと道端の木を見上げると…

かわいいlovely

S26

  




S28

 




S29

 


  

S27

 

EF100-400Lが活躍しましたnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

紅葉の三宝寺池

三宝寺池で紅葉の写りこみを楽しみました。


S21

 




S22

 




S23

 




S24

 


微妙に色が変わります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

石神井の自然

石神井公園の自然は見事です。
とても都内とは思えません。

S16

  




S15

  




S14

  

   

綾錦とはこのことかとshine

S25


   


S20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

石神井の紅葉

石神井公園の紅葉が盛りですmaple


S9

 




S7

 




S10

  





S11

 

 

 

S12

 

EF100-400Lを久しぶりに持ち出しましたが、自然撮影に便利だな~と再認識しました。
4,5枚目は葉っぱのテカリを消すのに、PLフィルターを使いました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

おくりびとロケ地

映画「おくりびと」のロケ地は山形県内各地が使われましたが、
葬儀社(NKエージェント)の舞台となった建物は日和山にありました。レトロです。

Img_2000




元は古い料亭です。
港町酒田では、たくさんの料亭が繁盛していたのでした。
今では一般に開放されていて、100円で入場できました。

Img_2004

 

 

納棺シーンに使われた部屋ですが、いずれ来る日の練習ということで、
この布団の上で横になる観光客もいるんだとか(大汗)

Img_2005

 
 

社長室のセット。フグの白子を食べるシーンがありました。

Img_2006


 

 

料亭時代はダンスホールだった部屋らしいです。

Img_2008

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

酒田の日和山

酒田にも日和山があります。

木造六角灯台

Img_1983

 



暑き日を海に入れたりもがみ川 芭蕉
とっても暑い日だったんでしょうね。

Img_1995  



海の優しさ、怖さを読んだ詩
何か3月を思い出してしまいました。

Img_1994

 


 

そう言われても、なかなか一句とは行きませんcoldsweats01

Img_1989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

羽黒山

出羽三山のうち月山と湯殿山は登山になりますが、羽黒山は頂上まで車で行くこともでき、三山神社の参拝を一度に済ませることもできます。


国宝の五重塔

Img_1908

 


見事な杉並木の参道。2446段の石段を登りましたsweat01

Img_1913

 
 


まだまだ続く石段

Img_1918

 


歴史を感じます

Img_1925

 


頂上は雪の中。

Img_1944

 


北国の日暮れはつるべ落とし。
心眼で下りました(笑)

Img_1952

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

桃・柿育英会

未曾有の震災から早9ヶ月。
あのとき感じたショックや絶望感が少しずつ薄れていくのを感じます。人間は忘れる動物。

そんな中で、震災遺児を10年間にわたって支えようという、安藤忠雄さんなどが始めた桃・柿育英会の活動に共感しました。
被災地に長く心を寄せていたい…



S10


 


発起人の方々

S7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

晩秋の仙台

仙台、四季折々に美しい街です。


S6_2

 




S2

 




S3

 




S4

 



S5

 



S1


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »