« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

雪の朝

東京にも雪が積もった朝snow

ぽたぽたと溶け落ちる水滴をとらえるのが意外に難しい。

Img_2253

 





Img_2286

 




Img_2295

 




Img_2300

 




Img_2302

 


最初は1コマ撮影。
途中から8コマ/秒の高速連写に切り替えましたが、連写でもなかなか水滴の落ちる瞬間は捉えられません。
意外とタイミングをはかって1コマ撮影するのがいい結果だったりしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

雲海の蔵王

暖気が入ったので、雲海が広がりました。
ちょっと珍しい雰囲気でした。

黒姫のトップから大森へdownwardright

Img_0704






盆地の向こうは飯豊山 
Img_0698

 


頂上に向かう人も

Img_0707

 

 

ザンゲ坂を快調にnote

Img_0710

 



甘酒を頂きました。
先着100名です。

Img_0699


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

蔵王のゲレンデ

蔵王にはたくさんのゲレンデがあります。
複雑に連絡しているので、初めて行った人は地図が無いと迷っちゃうでしょう。

標高の高いゲレンデは特に雪質がいいですね。


中央ゲレンデ
左に行くと大平コース経由でサンライズゲレンデへ。

Img_0666

 



上から見たパラダイスゲレンデ
雪質も景色も良く、蔵王で一番好きなゲレンデですnote

Img_0673

 


ユートピアゲレンデ。パラダイスにユートピアですから蔵王は幸せなスキー場ですhappy01
遠くに見えるのは、大朝日岳から以東岳へ続く朝日連峰

Img_0677


 

樹氷の間に開かれた樹氷原コース
上部はザンゲ坂と言って狭くて急ですsweat01

Img_0685

 


ザンゲ坂を過ぎるとほっと一息。

Img_0692

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

今シーズンの蔵王

クチコミ情報で今シーズンの蔵王は人が少ないと聞いていたのですが、想像以上でした。
2008年2月の蔵王はこちら(もっと人出が多かったです)。


雪はたっぷりありますsnow

Img_0654

 



樹氷もこのとおり。

Img_0683


 



朝の中央ゲレンデ

Img_0660

 



ゲレンデの下にあった国際蔵王高原ホテルはいつのまにかなくなって、レストランベルベルはこじんまりと建て替えになっています。

Img_0661

 


 

日曜なのに人がいないです(゜o゜)
おかげで新雪は楽しめましたが…

Img_0664


 

お客さんは例年の1/3くらいでしょうか。

思いっきり滑るチャンスですski

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

ジェットストリーム

昭和42年からFMラジオで始まったJET STREAM。
海外旅行が高根の花だった頃、オープニングのミスターロンリーと城達也さんの名調子が空の旅への憧れをかきたてました。

遠い地平線が消えて深々とした夜の闇に心を休めるとき
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は限りない宇宙の営みを告げています…

ある年代以上にとっては、とても懐かしいんじゃないでしょうか。



太平洋上でairplane

Imgp1708



ジェットストリームは風速50m/秒にも達するということで、追い風になるか向かい風になるかでずいぶん飛行時間が違います。日本からアメリカ西海岸までだと2時間くらい違いますか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

空から見る福島

空から見る冬の福島ですshine


猪苗代湖(手前)、安達太良山(右奥)、磐梯山(左)

Imgp0607

 



磐梯山のアップ。
スキー場は左がアルツ磐梯、真ん中が猪苗代リゾートスキー場、猪苗代スキー場は右側。
左奥の白いのは桧原湖です。

Imgp0606

 



会津の山波の向こうに飯豊連峰

Imgp2796

 


飯豊の左に見えるのは朝日連峰です。

Imgp2799_2


どれも今年の写真ではありませんが、今年も同じ美しい景色が広がっていると思いますgood

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

辰年

今年は辰年。
天高く飛翔したいものですup
前回の辰年は20世紀最後の年、2000年。

新しい世紀を前にワクワクする雰囲気がありました。ミレニアムという言葉が流行しましたね。
あれからもう12年たったんですね(遠い目)


Img_2231

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

妙高高原駅

妙高への入り口、妙高高原駅は雪に埋もれてましたsnow
昔は田口駅という名前だったそうです。

Img_0626

 


 

Img_0625

 




Img_0624

 


大変な雪の山です

Img_0623

 



キヨスクが無くなったり、笹ずしを売っていた駅前のお店が無くなったりして駅の周りは寂しくなってましたweep
高速道路ができたので、鉄道で来るお客さんは減ったのかもしれません。

Img_0620

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

赤倉の雪

雪不足の年でもここだけはたっぷり雪があるという赤倉。
今年も大雪になってますsnow


つららも見事

Img_0600

 



新雪の翌朝

Img_0607

 



森の中のリフト

Img_0610

 



2mはたっぷり積もってます。

Img_0613

 



 

朝一のチャンピオンAコース

Img_0616

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

東北の山スキー

北アルプスや上越の急斜面もいいですが、東北のたおやかな峰々は山スキーを楽しむのにもってこい。
今シーズンは東北の山に行きたいです。

 

甘食(古)みたいな高田大岳

Dpp_0480

 

 

春の八甲田

Dpp_0677


 

 

秋田駒

Img_2302

  
 

純白の秋田駒

21


 

 

 

 

吾妻山

Dpp_0297

 

 

これも吾妻です

Dpp_0295

 

 

東北の山スキー情報を満載した山スキーサークルの会誌が発行され、売り上げは東北の被災3県の復興に寄付されることになりました。たくさん売れて東北の山に行く人も増えるといいなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

岩鞍の急斜面

急斜面も岩鞍の目玉です


斜度40度のエキスパートコース
この日は新雪にシュプールが入った状態でしたが、雪が安定してくるとギャップだらけになります。

Img_0568

 




下から見るとそれほど急に見えませんが、上から覗き込むとこの通り。途中から切れ落ちたようで下が見えませんcoldsweats02
先シーズンは回避したこのコース、今シーズンは慎重に滑り下りました。転ばず下りるとヤッターという感じです(笑)

Img_0567

 
 


国体コースは男子も女子もそれほどの急斜面ではないですが、一気に下りるとこちらも達成感があるコースです。

国体女子

Img_0575

 


国体男子の下部。ノンストップで下りるとこの辺りで足がきついですsweat01

Img_0565

 
 


 

左がリーゼンコース。整ったギャップができるバーンですが、この日はまだ新雪が残っていてストックが潜るので難しかったです。
それにしても人が少ないですね。滑るのには最高ですが、もう少し来てほしいです。今シーズンは福島や群馬のスキー場は節電対策ということで閉鎖しているエリアが結構あります。岩鞍でも西山の一部がクローズになっていました。

Img_0564_1

 



滑り疲れたら一休み。
日光白根山が癒してくれますsun

Img_0559 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

初滑り

先シーズンに続いて今シーズンの初滑りも岩鞍でした。

関東のスキー場の中ではロングクルージング、急斜面、雪質、景観など抜群な魅力を持っていると思います。
東京から近いのも魅力です。

 

ゴンドラを下りると目の前に武尊山がきれいshine

Img_0535

 



その右は谷川岳

Img_0542

 


朝日岳から巻機山へ続く純白の稜線
滑りたいww

Img_0537




国体女子西山コース
後半斜度が強くなってくるのでスピードが出ますski

Img_0550

 


左にターンすると、国体女子沢コースへ飛び込んで行きます
正面は日光白根山

Img_0548

  



左側が国体女子、右側は国体男子
きれいにグルーミングされていて、どちらのコースも一気に滑ると最高に気持ちいいnote

Img_0563

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

新しい年

2012年が良い年となりますようにfuji


_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »